コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴巻温泉 つるまきおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴巻温泉
つるまきおんせん

神奈川県西部,秦野市東部にある温泉。泉質食塩泉。カルシウム含有量が多い。泉温 37℃。リウマチ婦人病効能がある。小田急電鉄小田原線と国道 246号線が通り,東京から近いために週末の利用者が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴巻温泉
つるまきおんせん

神奈川県秦野(はだの)市の東部にある温泉。開湯は1889年(明治22)で丹沢山麓(たんざわさんろく)では比較的早く、東京、横浜、湘南(しょうなん)方面に近いので、週末の気軽な旅行によく利用される。泉質は塩化物泉。カルシウム含有量が多いことで有名。猪鍋(いのししなべ)と山菜が名物。付近の大ケヤキは県指定天然記念物。弘法(こうぼう)山を越えて大秦野(おおはたの)駅へ出るハイキングコースは、伊豆・三浦両半島、伊豆大島を展望するのによい。小田急電鉄鶴巻温泉駅下車。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鶴巻温泉の関連キーワード秦野(市)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶴巻温泉の関連情報