コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿部[町] しかべ

百科事典マイペディアの解説

鹿部[町]【しかべ】

北海道南西部,茅部(かやべ)郡の町。町名はアイヌ語の〈シケルペ〉(キハダの木のあるところ)に由来。駒ヶ岳の南東麓,内浦湾口の太平洋に臨む。1929年の駒ヶ岳噴火では大被害を受けた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しかべ【鹿部[町]】

北海道南西部,渡島(おしま)支庁茅部(かやべ)郡の町。駒ヶ岳の南東麓,太平洋に面する。人口4822(1995)。1628年(寛永5)この地に鹿部温泉が発見され,1774年(安永3)には箱館(函館)からの道路も開かれた。古くから湯治場として知られ,さらに沿岸部には漁民も住みつくようになった。1929年の駒ヶ岳の大噴火では壊滅的な打撃をうけたが,住民の努力により奇跡的な復興を果たした。就業者の50%(1990)が漁業就業者に占められる純漁村で,主な漁獲物はスケトウダラ,養殖のホタテガイコンブである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

鹿部[町]の関連キーワード駒ヶ岳(北海道)

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android