コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒印 コクイン

世界大百科事典 第2版の解説

こくいん【黒印】

朱印に対して墨を使った印章の名称。古代の黒印はわずかに写経,典籍などにおす蔵書印のほかには例がない。鎌倉時代中期に初見のある版刻花押は黒印であり,戦国時代の印判状の初見も黒印である。これらの諸例を考えても黒印が朱印に劣り,略式,薄礼であることは明らかである。江戸時代の庶民階級に対して幕府が朱印の使用を厳禁したこともこれで理解できる。織田信長は印文〈天下布武〉の印を朱,黒両様印に使用したが,厚薄両礼の段階色別は不明である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくいん【黒印】

黒色の印肉を用いて押した印影。また、それを押した文書。武家の公文書に用いられた。すみつき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の黒印の言及

【黒印状】より

…広義には黒印(墨印)を押して発給した文書を指す。狭義には朱印状に対置する概念として,近世において主として社寺に所領を寄進あるいは安堵するため発給した黒印状をいい,その給付地を黒印地と称した。…

【朱印】より

…朱肉を使っておす印。黒印と対応して使われる。歴史的には朱印が正式とされ,略式の黒印より優位にあって,庶民階級は明治以降はじめて朱印の使用を公認された。…

※「黒印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒印の関連キーワード神社(じんじゃ)朱印地・黒印地鹿児島神宮継目の御判長谷川秀一赤松洞松院写真印画紙貝塚(市)金剛寺文書斎藤あきら敢国神社飯福田寺塚原卜伝松前慶広多賀大社御墨付き黒印状森蘭丸願興寺朱印地

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒印の関連情報