コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢酉蔵 くろさわ とりぞう

2件 の用語解説(黒沢酉蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢酉蔵 くろさわ-とりぞう

1885-1982 大正-昭和時代の酪農家。
明治18年3月28日生まれ。田中正造の足尾鉱毒被害者救済運動にくわわる。明治38年北海道にうつり,自営酪農家となって協同組合運動を推進。北海道製酪販売組合(現雪印乳業)や酪農学園大を設立した。昭和17年衆議院議員。昭和57年2月6日死去。96歳。茨城県出身。京北中学卒。著作に「酪農学園の歴史と使命」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒沢酉蔵
くろさわとりぞう
(1885―1982)

日本の有力乳製品メーカーである雪印乳業の前身、北海道製酪販売組合の創立者。茨城県で農家の長男に生まれる。15歳で上京後、田中正造(しょうぞう)と出会って足尾銅山鉱毒事件の被害者救済運動に参加。1905年(明治38)北海道に移住、アメリカ式酪農経営を目ざす宇都宮仙太郎のもとで牧夫として働いたのち独立の酪農家となる。1925年(大正14)宇都宮などと北海道製酪販売組合を創立、酪農家による牛乳自主加工を実現。また「酪農こそが健土健民の母」として堆肥を活用する循環農法を提唱。政治や教育に及ぶ多面的な活動によって、北海道における酪農の基礎を築いた。[四宮俊之]
『黒沢酉蔵著『私の履歴書』(『私の履歴書 経済人17』所収・1981・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒沢酉蔵の言及

【雪印乳業[株]】より

…本社札幌市。1925年,黒沢酉蔵(1885‐1982),宇都宮仙太郎(1865‐1940),佐藤善七(1874‐1957)らの酪農家が中心となって,札幌に有限会社北海道製酪販売組合として設立され,バターの製造を始めた。26年道内の製酪組合を統合して保証責任北海道製酪販売組合連合会(略称,酪連)となり,〈雪印〉のマークによる乳製品の生産・販売を始めた。…

※「黒沢酉蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒沢酉蔵の関連キーワード酪農学園大学県内の酪農業飯盛里安岩尾伏次郎加藤正之桑本太喜蔵児玉由一佐藤貢田中万米深沢吉平

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone