コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田重太郎 くろだ じゅうたろう

3件 の用語解説(黒田重太郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黒田重太郎

洋画家・美術史家。滋賀県生。浅井忠に師事する。二紀会創立会員。昭和45年(1970)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田重太郎 くろだ-じゅうたろう

1887-1970 大正-昭和時代の洋画家。
明治20年9月20日生まれ。鹿子木孟郎(かのこぎ-たけしろう),浅井忠(ちゅう)らに師事し,大正元年文展初入選。12年二科会会員となる。翌年小出楢重(こいで-ならしげ)らと大阪に信濃橋洋画研究所を創立,関西の洋画家をそだてた。昭和44年芸術院恩賜賞。昭和45年6月24日死去。82歳。滋賀県出身。作品に「港の女」,著作に「京都洋画の黎明(れいめい)期」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒田重太郎
くろだじゅうたろう

[生]1887.9.20. 大津
[没]1970.6.24. 京都
洋画家。鹿子木孟郎,浅井忠に師事し,関西美術院に学ぶ。 1918年渡欧,帰国後 19年第6回二科展に滞欧作を発表して二科賞を受けた。 21年再度パリに留学,画家 A.ロート,R.ビシエールに師事し,23年帰国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒田重太郎の言及

【キュビスム】より

抽象芸術 日本におけるキュビスムの受容は1915年ごろに始まり,東郷青児,万鉄五郎らの作品にまずその反映がうかがえる。20年代に入ると,矢部友衛,古賀春江,黒田重太郎,川口軌外,坂田一男と,なんらかの形でキュビスムあるいはそれに類する様式を取り入れる画家はその数を増し,ひとつの流行の観を呈した。しかし彼らはキュビスムと未来派,あるいはキュビスムから派生したピュリスムや抽象的傾向を厳密に識別していたわけではなく,またそれぞれの理念を理解していたわけでもなかった。…

【明治・大正時代美術】より

…また坂本繁二郎は,東洋的な,浪漫的な心情を,光と影の色面に表現する独自の絵画世界をつくりだした。このほか二科会は,熊谷守一(もりかず)(1880‐1977),正宗得三郎(1883‐1962),中川紀元(きげん)(1892‐1972),鍋井克之(1888‐1969),小出楢重,国枝金三(1886‐1943),黒田重太郎(1887‐1970),林倭衛(しずえ)(1895‐1945),硲(はざま)伊之助(1895‐1977),関根正二,古賀春江,東郷青児(1897‐1978)ら,大正・昭和期の洋画界をリードする数多くの新人を世に出している。 二科会結成と同じ年,前年世を去った岡倉天心の一周忌を期して,日本画の横山大観,下村観山,木村武山(1876‐1942),安田靫彦,今村紫紅に洋画の小杉放庵を加えて,開店休業状態になっていた日本美術院が,洋画部も新たに設けて再興されている。…

※「黒田重太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒田重太郎の関連キーワード小寺健吉太田喜二郎阿以田治修油谷達有馬三斗枝草光信成栗原信不破章御厨純一吉田ふじを

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone