コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒羽城 くろばねじょう

1件 の用語解説(黒羽城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

くろばねじょう【黒羽城】

栃木県大田原市(旧黒羽町)にあった戦国時代の連郭式の山城(やまじろ)。同市指定史跡。那須氏の支族の大関氏の居城。那珂川と松葉川にはさまれた比高約30mの段丘の上にあった連郭式の城である。文安年間(1444~48年)に大関忠増が砦跡であった場所に城を築いたのが起源といわれる。1542年(天文11)、白旗城主の大関宗増と、同じ那須氏の与力の大田原資清との間に抗争が起こり、大田原氏は大関氏の居城の白旗城を攻めて落城させ、宗増の嫡男増次を討ち取った。その後、資清は長男の高増に大関姓を名乗らせて宗増の養嗣子とさせた。この高増が大関氏の家督を継いだ後の1576年(天正4)に黒羽城を整備・拡張し、大関氏の居城とした。高増は豊臣秀吉小田原城攻め(1590年、小田原の役)にもいち早く参陣して、秀吉から本領を安堵され、さらに1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いでは、当主となった大関資増(高増の子)が徳川氏に味方して会津の上杉景勝の押さえとして働いた。その際、徳川氏からの援助により、黒羽城に黒門・中門・北坂門などの城門や塀・築地がつくられたといわれる。江戸幕府が開かれると、旧領に黒羽藩2万石(後に1万8000石)が成立し、代々大関氏が藩主をつとめて明治にいたった。この間、黒羽城は藩主大関氏の居城、藩庁となり、維新後、廃城となった。ただし、黒羽城は、宇都宮・壬生・烏山・大田原などの諸城とは異なり、幕府からは陣屋として扱われた。関東の外様大名としては、一貫して旧領の藩主をつとめたのは、大関氏と大田原氏などごくわずかである。城跡は現在、黒羽城址公園として整備され、空堀や水堀、土塁などの遺構がたいへん良好な状態で現存している。なお、同公園はあじさいの名所として知られ、毎年6月下旬から7月上旬には多くの人出でにぎわう。二の丸跡には、黒羽に滞在した松尾芭蕉の足跡を紹介する資料館の「芭蕉の館」が建っている。JR東北本線西那須野駅からバス約25分で黒羽バスターミナル下車、車で約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒羽城の関連キーワード大田原市大田原大田原 東武大田原マラソン大会なかがわ水遊園那須与一の郷大田原清信大田原扶清大田原純清大田原友清

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒羽城の関連情報