コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍山 たつやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

龍山
たつやま

静岡県西部,浜松市中北部の旧村域。天竜川峡谷にある。 1901年村制。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い天竜区の一部となった。大部分山地で,スギ,ヒノキ人工林が多く,金原明善にちなむ植林地 (現在国有林) として知られ,天竜林業地の中心地域となっている。 1969年に閉山した峰ノ沢鉱山跡地にオートバイ部品工場が進出した。逆調整ダムの秋葉ダム秋葉湖は有名。東部に秋葉神社がある。天竜奥三河国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍山
たつやま

静岡県西部、磐田(いわた)郡にあった旧村名(龍山村(むら))。現在は浜松市天竜(てんりゅう)区の南西部を占める一地区。天竜川中流の河谷筋に位置する。旧龍山村は2005年(平成17)周辺10市町とともに浜松市と合併。天竜川沿いに国道152号が通じる。赤石(あかいし)山系の高峻(こうしゅん)な山岳群に囲まれ、天竜奥三河(おくみかわ)国定公園の一部で、1886年(明治19)金原明善(きんぱらめいぜん)が始めた植林地、瀬尻(せじり)国有林など面積の92%がスギ、ヒノキの人工林で占められている。天竜林業地帯の中枢地である。1958年(昭和33)秋葉(あきは)ダム完成で、当時人口は5000を数えたが、その後は過疎化が急激に進み、1981年には過疎地域に指定された。[川崎文昭]
『青山宏著『ある山村の革命――龍山村森林組合の記録』(1979・清文社) ▽『龍山村史』(1980・龍山村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

龍山の関連キーワード静岡県浜松市天竜区龍山町大嶺金原明善(きんぱらめいぜん)静岡県浜松市天竜区龍山町戸倉小橋安蔵(こばしやすぞう)広島県山県郡北広島町新庄Nソウルタワー展望台舩戸修一ゼミの調査チャン ドンゴン三社祭(東京都)藤井斉成会有鄰館静岡県立美術館ロンシャンスー台北の龍山寺安藤 橡面坊茂田井 教亨佐久間[町]バレンチン鉱静岡県浜松市佐久間ダム三方原用水

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

龍山の関連情報