コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍山 たつやま

2件 の用語解説(龍山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

龍山
たつやま

静岡県西部,浜松市中北部の旧村域。天竜川峡谷にある。 1901年村制。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い天竜区の一部となった。大部分が山地で,スギ,ヒノキの人工林が多く,金原明善にちなむ植林地 (現在国有林) として知られ,天竜林業地の中心地域となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍山
たつやま

静岡県西部、磐田(いわた)郡にあった旧村名(龍山村(むら))。現在は浜松市天竜(てんりゅう)区の南西部を占める一地区。天竜川中流の河谷筋に位置する。旧龍山村は2005年(平成17)周辺10市町とともに浜松市と合併。天竜川沿いに国道152号が通じる。赤石(あかいし)山系の高峻(こうしゅん)な山岳群に囲まれ、天竜奥三河(おくみかわ)国定公園の一部で、1886年(明治19)金原明善(きんぱらめいぜん)が始めた植林地、瀬尻(せじり)国有林など面積の92%がスギ、ヒノキの人工林で占められている。天竜林業地帯の中枢地である。1958年(昭和33)秋葉(あきは)ダム完成で、当時人口は5000を数えたが、その後は過疎化が急激に進み、1981年には過疎地域に指定された。[川崎文昭]
『青山宏著『ある山村の革命――龍山村森林組合の記録』(1979・清文社) ▽『龍山村史』(1980・龍山村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍山の関連キーワード静岡県浜松市天竜区大川静岡県浜松市天竜区大谷静岡県浜松市天竜区熊静岡県浜松市天竜区佐久静岡県浜松市天竜区相津静岡県浜松市中区中央静岡県浜松市天竜区月天竜〈市〉静岡県浜松市天竜区長沢静岡県浜松市天竜区横川

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

龍山の関連情報