コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋葉神社(読み)あきはじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋葉神社
あきはじんじゃ

静岡県西部,浜松市天竜区の秋葉山にある神社。正式名称は秋葉山本宮秋葉神社。同山を神体とし,火伏せの神であるホノカグツチノカミ (火之迦具土大神) をまつる。毎月 12月に行なわれる火渡りの行事などで有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あきはじんじゃ【秋葉神社】

静岡県浜松市春野町領家秋葉山頂にある神社。祭神は迦具土神かぐつちのかみ。防火の神として尊信される。12月15・16日の例祭は秋葉の火祭りとして知られる。秋葉山権現。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋葉神社
あきばじんじゃ

静岡県浜松市天竜区春野(はるの)町領家(りょうけ)、秋葉(あきは)山に鎮座。祭神は火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)で、古くは秋葉山三尺坊大権現(さんじゃくぼうだいごんげん)と称され親しまれた。現在は秋葉山本宮秋葉神社を正式名とする。起源は不詳であるが、『三代実録』の貞観(じょうがん)16年(874)5月の昇叙の記事を当社のものとみる説もある。古くから仏教と習合、防火の神として朝野の信仰を集めた。明治の神仏分離後、社蔵の仏像類は同県袋井(ふくろい)市の可睡斎(かすいさい)(曹洞(そうとう)宗)に移った。旧県社。例祭は12月16日で、夜半に行われる「秋葉の火まつり」は有名。[茂木貞純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の秋葉神社の言及

【鎮火祭】より

…同社の鎮火祭は,祭場を庭上に設け,鎮火の儀は,庭上の火の上るのを待って,川菜を投じ,水をそそぎ,土をもって火を埋める。このほか,祭儀の方法は異なるが,青森県の岩木山(いわきやま)神社,大阪市の生国魂(いくくにたま)神社,島根県の物部(もののべ)神社,東京都台東区の秋葉神社などでも行われる。【沼部 春友】。…

※「秋葉神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋葉神社の関連情報