コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

4サイクル機関 よんサイクルきかんfour (-stroke) cycle engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

4サイクル機関
よんサイクルきかん
four (-stroke) cycle engine

内燃機関のシリンダ内部における吸気,圧縮,膨張,排気の4つの行程 (1サイクルという) をピストンの2往復 (クランク2回転) の間に行うものをいう。すなわち,まず第1に燃料の燃焼に必要な空気 (あるいは空気と燃料の混合気) をシリンダ内に吸入する。第2にこれを適当な圧力まで圧縮する。第3に燃料をシリンダ内に入れて (あるいは混合気に点火して) これを燃焼させる。第4にこの燃焼によって生じた高温高圧ガスの膨張によって仕事をする。第5に膨張の終ったガスをシリンダ外に排出する。以上の5種の動作が4サイクル機関では2回転で行われる。 (→2サイクル機関 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

4サイクル機関【よんサイクルきかん】

クランク軸2回転の間に,吸入,圧縮,膨張,排気の4行程を行い,これを1サイクルとする内燃機関。作動が確実で,混合気の損失も少ないが,弁装置は複雑になる。→2サイクル機関

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の4サイクル機関の言及

【内燃機関】より

… 上述の熱力学的サイクルは実際には4サイクルまたは2サイクルにより実現される。ピストンが往復する際の最上,最下位置をそれぞれ上死点および下死点,その距離およびピストンの運動を行程と呼ぶが,4サイクルエンジン(4サイクル機関)では1サイクルが圧縮,膨張,排気および吸入の4行程(クランク2回転)よりなり,2サイクルエンジン(2サイクル機関)では圧縮と膨張行程の2行程(クランク1回転)よりなる。燃焼はいずれの場合も圧縮の上死点近くで行われる。…

※「4サイクル機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

4サイクル機関の関連キーワードガソリン機関内燃力発電オットー燃焼室

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android