コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ASEAN自由貿易圏(読み)アセアンじゆうぼうえきけん

百科事典マイペディアの解説

ASEAN自由貿易圏【アセアンじゆうぼうえきけん】

東南アジア地域の協力機構であるASEANによる自由貿易圏構想。ASEAN Free Trade Areaの頭文字からAFTAとも。1992年,シンガポールでのASEAN(東南アジア諸国連合)首脳会議で提唱された。ASEAN域内貿易を拡大するため関税率を引き下げようとするもの。引き下げ完了の目標年次は大半の国で2003年とされており(先発加盟6ヵ国は2002年とすることで1998年末に合意),具体的方策として1993年調印の共通効果特恵関税計画(CEPT;common effective preferential tariff scheme),1996年4月合意のASEAN産業協力計画(AICO;ASEAN industrial cooperation)がある。前者の対象となる製品はASEAN域内貿易の約85%以上を占め,後者では自動車産業等で,国際競争力をもった各国企業を育てる方針がとられている。これらの背景には,ASEAN各国内の工業化進展により相互依存関係が深まる一方で,ウルグアイ・ラウンドではASEANに対し市場開放要求が出たこと,1997年のアジア通貨危機,NAFTAやEUのように世界的な貿易ブロック化が進展していること,さらにアジア太平洋経済協力会議(APEC)での東南アジア圏の発言力強化の狙いがある。2000年11月には,ASEANに日本・中国・韓国も加えた〈東アジア自由貿易圏構想〉の作業部会設置で合意が成立。2006年にはASEAN+3にインド,オーストラリア,ニュージーランドを加えた16ヵ国の経済担当閣僚会議で,アジア自由貿易協定AFTA構想が提案され大筋合意された。
→関連項目環太平洋経済圏構想バーツ経済圏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android