CCC(読み)シーシーシー

翻訳|CCC

デジタル大辞泉の解説

シー‐シー‐シー【CCC】[Commodity Credit Corporation]

Commodity Credit Corporation》米国の農産物信用公社。農産物の価格安定政策を行う。1933年ニューディール政策の中で設立された政府機関。1948年、農務省内の公社に再編。

シー‐シー‐シー【CCC】[Customs Co-operation Council]

Customs Co-operation Council》関税協力理事会。世界税関機構(WCO)の、条約上の名称。→ダブリュー‐シー‐オー(WCO)

シー‐シー‐シー【CCC】[command, control, communications]

command, control, communications》現代の軍事力を効果的に運用するために必要な指揮統制、通信の3機能。情報のI(information)を加えてもいう。

シー‐シー‐シー【CCC】[China Compulsory Certification]

China Compulsory Certification》⇒中国強制認証制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シーシーシー【CCC】

正称はCommodity Credit Corporation。商品信用会社ないし商品金融会社と訳される。1929年10月のニューヨーク株式市場の暴落に端を発する大恐慌で,農産物価格が下落したさい,それを下支えする目的で,アメリカ政府により33年に設立された。全額政府出資。設立後2年で解散の予定であったが,解散されることなく今日に至っている。現在のCCCの目的は,(1)農業収入・農産物価格を維持・下支えすること,(2)農産物のバランスのとれた,かつ十分な供給を維持すること,(3)農産物の秩序ある流通を助けること,以上のことを企図した種々の計画を指導,実施することである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CCCの関連情報