コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIM しーあいえむ、しむ

6件 の用語解説(CIMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CIM

生産現場の情報を収集し、ネットワークデータベースを構築することで、営業、設計、製造、物流など、生産全般の活動の合理化を図るコンピューター支援設計システムCIMでは製造現場で発生する、製造に関する情報や技術に関する情報、それらの管理情報をコンピューターシステムで統括することで、生産の効率化を推進する。現在ではこの考えをさらに推し進め、それらの情報に加え、経営や開発、販売などにわたる一連の企業活動全体の情報を管理、共有し効率化する仕組みとなりつつある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐アイ‐エム【CIM】[computer integrated manufacturing]

computer integrated manufacturing》企業情報システムの一。生産部門の効率化を目的として、製品の設計、生産計画生産管理など、生産のすべての過程をコンピューターで一元管理すること。コンピューター統合生産。

シー‐アイ‐エム【CIM】[computer input from microfilm]

computer input from microfilmマイクロフィルムに記録されている情報を直接コンピューターに入力する装置。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

CIM【シム】

computer integrated manufacturingの略。コンピューターによる統合生産のこと。製品の企画・設計・開発・生産・製品管理・流通等の流れの各部門間をコンピューター・ネットワークによって接続し,相互の情報を有効活用するシステムを構築することによって,生産性の向上と企業競争力の強化を図ろうというもの。
→関連項目安川電機[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

シーアイエム【CIM】

製造業などの分野で生産性の向上を目的として導入されるコンピューターを活用した生産管理システム。◇「computer integrated manufacturing」の頭文字から。「コンピューター統合生産」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

CIM
シーアイエム

シム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CIMの関連情報