コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CMS シー エム エス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CMS

HTMLやCSSを直接操作することなく、高機能なWebサイトを手軽に構築するためのソフトウェア。ニュース、掲示板、フォトアルバムといったモジュールを選択・設定するだけで、目的に合わせたWebサイトが構築できる。サイトデザインの「テンプレート」(ひな型)を用意しているものもあり、これにより画像やデザインを自動・半自動的に作成、効率的にサイトを構築・管理できる。代表的なCMSに、Drupal、Joomla!、XOOPSZopeなどがある。ブログシステムのMovable Type、WordPressもCMSといえる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐エム‐エス【CMS】[Compact Muon Solenoid]

Compact Muon SolenoidCERN(セルン)LHC加速器に設置された粒子検出器の一つ。陽子衝突実験でできた未知の素粒子の崩壊によって生じるμ粒子を観測するために用いられる。直径15メートル、長さ21メートル、総重量1万4000トン。
[補説]実験には世界40か国以上の大学・研究機関が参加しているが、日本からは参加していない。LHCには別の地点にも同種の実験装置ATLASが設置され、2012年にCMSと同じく質量を与える役割を果たすヒッグス粒子と思われる新たな粒子を発見した。

シー‐エム‐エス【CMS】[cash management service]

cash management service》企業に対する銀行の資金管理サービス。銀行と企業のコンピューターを通信回線で結び、集中的な資金管理や金融情報の提供などを行う。

シー‐エム‐エス【CMS】[Collision Mitigation brake System]

Collision Mitigation brake System》追突軽減ブレーキシステム。自動車が前走車に接近しすぎた際に自動的にブレーキをかけるシステム。

シー‐エム‐エス【CMS】[content management system]

content management system》ウェブサイトのコンテンツを統合的に管理・保守・更新するためのシステム、またはソフトウエアの総称。HTMLなどの知識がなくてもウェブページを構成する文書や画像などを作成・配置できるよう、あらかじめ雛型が用意されているものが多い。コンテンツ管理システムコンテンツマネージメントシステム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ホームページ制作用語集の解説

CMS

Content Management Systemの略。コンテンツ管理システムとも呼ばれ、テキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

CMS

〖cash management service〗
国際的に展開する企業に対し、企業の海外資金の効率化・リスク回避などのため、銀行が国際的ネットワークを利用して提供するサービス。キャッシュ-マネジメント-サービス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CMS
しーえむえす

ウェブサイトの制作や運営を容易にするシステム、およびそれを可能にするソフトウェアのこと。ウェブページを構成するコンテンツ(掲載内容)やレイアウト(割付け)、リンクなどの要素を分離することにより、それぞれの変更、更新、追加作業が他の要素に影響を及ぼさずに、複数ページやウェブサイト全体を一元的に管理できる。content(s) management systemの略で、コンテンツ管理システムともいう。
 サイトの構造が複雑でも、全体に共通性をもたせた見やすいウェブサイトを構築することが可能。また、ユーザーにHTMLやCSS(カスケーディング・スタイル・シートcascading style sheets)などの専門知識がなくても、一般的なウェブブラウザー上からテキストや画像、動画などのコンテンツを追加するだけでページを更新できるため、コストの削減や効率的なサイト運営が可能である。新たに追加したコンテンツは、登録されたテンプレート(雛型(ひながた))の指定に沿って割り付けられ、新しいウェブページとして自動的に生成される。ページごとのメニューや新着情報の表示、リンク情報の変更なども自動的に行われる。
 CMSには機能や規模に応じたさまざまな形式があり、パソコン用と携帯電話やスマートフォン向けのウェブサイトを統合的に管理する、マルチデバイス対応機能が重要視されるようになっている。企業のウェブサイトの場合はCMS専用のサーバーを設けるASP(application service provider)型の運用が主だが、CMS専用サーバーをクラウド上に置くことで、サーバーの準備や運用が不要になるサービスも普及しつつある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

CMSの関連キーワード山之口麓文弥節人形浄瑠璃資料館 人形の館チャーチ・ミッショナリー・ソサエティキャッシュ・マネジメント・サービスキャッシュ・マネジメント・システムタンブラー(ウェブサービス)教育コンテンツ管理システム佐久市立望月歴史民俗資料館陸軍戦術ミサイルシステム京都府立丹後郷土資料館カール・H. ベルガー山口市歴史民俗資料館揖斐川歴史民俗資料館仕組債(しくみさい)佐久市立天来記念館井波歴史民俗資料館富士市立博物館真脇遺跡縄文館山口県政資料館CMSセンターNucleus

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CMSの関連情報