コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

COBE コービー COBE

2件 の用語解説(COBEの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コービー【COBE】[Cosmic Background Explorer]

Cosmic Background Explorer》1989年にNASA(米航空宇宙局)が打ち上げた宇宙背景放射探査機。宇宙背景放射の正確な全天地図の作成、スペクトルの詳細な観測、遠赤外線を放出する初期銀河の検出を行った。その結果、宇宙背景放射の10万分の1というごくわずかな温度ゆらぎ異方性)を発見し、放射のスペクトルがビッグバン後の黒体放射として予想されるものと完全に一致することがわかった。これらの業績により米国のジョンマザージョージスムートは2006年のノーベル物理学賞を受賞した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

COBE
こーびー

NASA(アメリカ航空宇宙局)が打ち上げた初の宇宙背景放射探査機。宇宙背景放射を正確に観測するための科学衛星で、英語名COsmic Background Explorerの略称。1989年11月にアメリカゴダード宇宙飛行センターより打ち上げられた。質量は約2270キログラム太陽電池パネルを閉じた状態で全長5.49メートル、太陽電池パネルを開いた状態で8.53メートルになる。直径2.44メートルのお椀(わん)状の観測装置をもち、機体から出る赤外線放射を極力抑えるために650リットルの液体ヘリウムで冷却した。軌道は全天をくまなく観測でき、かつ地球と太陽の影響を排除するように選ばれた。軌道高度は約900キロメートル、103分で地球を周回した。観測機器は下記の3種である。
(1)差分型マイクロ波測定器(DMR=Differential Microwave Radiometer):宇宙背景放射の詳細な地図作成により宇宙背景放射の非等方性を明らかにする。
(2)遠赤外絶対分光計(FIRAS=Far-Infrared Absolute Spectrophotometer):マイクロ波により宇宙背景放射のスペクトルを詳細に観測して、予測されるビッグ・バン後の黒体放射との違いを明らかにする。
(3)拡散赤外背景放射実験装置(DIRBE=Diffuse Infrared Background Experiment):1.25マイクロメートルから240マイクロメートルまでの波長を使って赤外線による宇宙背景放射を測定する。
 FIRASにより宇宙背景放射のスペクトルが予測されるビッグ・バン後の黒体放射として2.725±0.001Kに相当することが確認され、ビッグ・バンの直接的な証拠と認められた。またDMRにより宇宙背景放射には10万分の1の非等方性があることが確認された。2006年、これらの業績により主任研究者のマザーとスムートにノーベル物理学賞が授与された。なお、1993年12月にCOBEの運用は停止された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

COBEの関連キーワード宇宙線コスミックタイトルバックBGVCORSACORSAb宇宙の操り人形コスミック・レイプ大宇宙の守護者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

COBEの関連情報