CSS(読み)シー エス エス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CSS

Webページのレイアウトを指定する規格。HTMLからレイアウトに関する記述を分離し、本来の目的である文書の論理構造の記述に戻すために規定された。CSSを使うと、文書中の文字の色やスタイルを一括して定義でき、HTMLを書き直すことなく、レイアウトを変更できる。W3Cによって規格化されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐エス‐エス【CSS】[cascading style sheets]

cascading style sheetsウェブページなどのレイアウトやデザインに関する情報を記述したスタイルシートの一。フォント、文字の色や大きさ、行間など、文書の見栄えに関する情報のみを記述する。カスケーディングスタイルシートカスケードスタイルシート段階スタイルシート

シー‐エス‐エス【CSS】[content scrambling system]

content scrambling system》再生専用のDVDなどで採用されていた著作権保護技術の一。松下電器産業(現パナソニック)、東芝を中心に策定。映像ソフトのコンテンツそのものが暗号化されて記録され、再生用の機器やソフトウエア暗号鍵により解読される。平成11年(1999)に解読用のソフトウエアが開発されたため、使われなくなった。

シー‐エス‐エス【CSS】[containment spray system]

containment spray system》⇒原子炉格納容器スプレー設備

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

CSS

〖cascading style sheets〗
HTML において、レイアウトに関するタグを定義しスタイルシートとして組み込むための規格。 → スタイルシート ・HTML

CSS

〖client server system〗
クライアントサーバーシステム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CSSの関連情報