コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CSS シー エス エス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CSS

Webページのレイアウトを指定する規格。HTMLからレイアウトに関する記述を分離し、本来の目的である文書の論理構造の記述に戻すために規定された。CSSを使うと、文書中の文字の色やスタイルを一括して定義でき、HTMLを書き直すことなく、レイアウトを変更できる。W3Cによって規格化されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐エス‐エス【CSS】[cascading style sheets]

cascading style sheetsウェブページなどのレイアウトやデザインに関する情報を記述したスタイルシートの一。フォント、文字の色や大きさ、行間など、文書の見栄えに関する情報のみを記述する。カスケーディングスタイルシートカスケードスタイルシート段階スタイルシート

シー‐エス‐エス【CSS】[content scrambling system]

content scrambling system》再生専用のDVDなどで採用されていた著作権保護技術の一。松下電器産業(現パナソニック)、東芝を中心に策定。映像ソフトのコンテンツそのものが暗号化されて記録され、再生用の機器やソフトウエア暗号鍵により解読される。平成11年(1999)に解読用のソフトウエアが開発されたため、使われなくなった。

シー‐エス‐エス【CSS】[containment spray system]

containment spray system》⇒原子炉格納容器スプレー設備

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

CSSの関連キーワードMacromedia DreamweaverCascading Style Sheet西太平洋地域ミサイル防衛構想研究クロス・サイト・スクリプティング好酸球性多発血管炎性肉芽腫症クライアントサーバーシステムクロスサイトスクリプティング計量法トレーサビリティ制度cross browserスタイルシート (WWW)コンタクトスタートストップOpenTypeフォントフロントエンドエンジニアCSSホールディングス格納容器スプレー冷却系社会学系コンソーシアムFirefox OSダイナミックHTML米国の到達度テストwebクリエーター

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android