コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DLVOの理論 DLVO theory

1件 の用語解説(DLVOの理論の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

DLVOの理論【DLVO theory】

二つの界面が近づくときの,電気二重層間の相互作用に基づいた疎水コロイド溶液の安定性に関する理論.これはデリャーギンとランダウ(1941)とフェルヴァイとオーヴァベック(1948)がそれぞれ独立に導いたので四人の名前で呼ばれている.電解質水溶液中で,正または負に帯電している界面に対して,反対符号のイオンはこれと中和するように分布すると考えると,その濃度に基づく電位 φ は界面からの距離 d に関して指数関数的に減少する.すなわち

φ=φ0 exp(-κd

となる.φ0 は界面に固定されるイオン層の電位で,κ は定数であるが電気二重層の厚さを表現する基準となる値で

である.ここで,z はイオン価,e は電気素量,n はイオンの濃度(イオンの数/cm3),ε は溶液の誘電率,kボルツマン定数*T絶対温度である.

共存イオンの影響で,電気二重層の厚さが変化すると考えると,この式からシュルツェ‐ハーディの法則*もたくみに説明可能である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DLVOの理論の関連キーワード界面張力吸着二重結合連続電気二重層コンデンサー界面二重生活相対屈折率プラノムラルシュルツェ‐ハーディの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone