コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DLVOの理論 DLVO theory

法則の辞典の解説

DLVOの理論【DLVO theory】

二つの界面が近づくときの,電気二重層間の相互作用に基づいた疎水コロイド溶液の安定性に関する理論.これはデリャーギンとランダウ(1941)とフェルヴァイとオーヴァベック(1948)がそれぞれ独立に導いたので四人の名前で呼ばれている.電解質水溶液中で,正または負に帯電している界面に対して,反対符号のイオンはこれと中和するように分布すると考えると,その濃度に基づく電位 φ は界面からの距離 d に関して指数関数的に減少する.すなわち

φ=φ0 exp(-κd

となる.φ0 は界面に固定されるイオン層の電位で,κ は定数であるが電気二重層の厚さを表現する基準となる値で

である.ここで,z はイオン価,e は電気素量,n はイオンの濃度(イオンの数/cm3),ε は溶液の誘電率,kボルツマン定数*T は絶対温度である.

共存イオンの影響で,電気二重層の厚さが変化すると考えると,この式からシュルツェ‐ハーディの法則*もたくみに説明可能である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

DLVOの理論の関連キーワードデリャーギン‐ランダウ‐フェルヴァイ‐オーヴァベックの理論ボルツマン定数誘電率

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android