HDTV(読み)エイチディーティーブイ(英語表記)high definition television

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「HDTV」の解説

HDTV
エイチディーティーブイ
high definition television

縦方向の画素数が 1000,横方向の画素数が 2000(2K)程度のテレビジョン放送画質の規格。日本ではハイビジョン愛称で親しまれている。日本は縦 1080×横 1920の ISDB方式,北アメリカなどは ATSC方式,ヨーロッパなどは DVB方式が普及している。当初はアナログテレビで使われていた解像度SDTV(標準解像度テレビジョン)とし,それよりも高精細なアナログによる放送をさした。国際的には,垂直方向の解像度を 2倍以上に改善し,さらに映画などの広い画角に対応して画面縦横の比(アスペクト比)の拡大を行なったものと定義され,高精細度テレビジョン高品位テレビジョンともいう。日本放送協会 NHKが 1970年に研究開発に着手した総走査線数 1125本,毎秒の画面数 60枚の MUSE(ミューズ)方式がさきがけで,1989年に放送衛星 BSにより初の放送が行なわれた。しかし,世界でデジタル化が急速に進み,2000年には BSによるデジタル放送が開始され,2011年には BSアナログ衛星による HDTV放送は終了した。写真と同様に縦横の画素で表すデジタル放送では,SDTVに相当するものが縦 480×横 720,HDTVが縦 1080×横 1920。さらに上位の規格として HDTVの縦と横の画素数がそれぞれ約 2倍の 4Kや,さらに 2倍ずつ拡大したスーパーハイビジョンとも呼ばれる 8Kがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

IT用語がわかる辞典「HDTV」の解説

エイチディーティーブイ【HDTV】

高精細テレビ。高品位テレビ従来の標準的なアナログテレビ放送で使われたテレビに比べ、走査線の数が2倍程度あり、画面のアスペクト比が16:9のもの。日本ではNHKが開発した高精細テレビ放送の方式の愛称であるハイビジョンが高精細テレビ、または高精細テレビ放送の通称として用いられることが多い。◇「high definition television」から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「HDTV」の解説

エッチディー‐ティーブイ【HDTV】[high-definition television]

high-definition television》従来のテレビに比べ、走査線の数が多く、縦横の比が9対16になっている高画質のテレビ。高品位テレビ。高精細テレビ。
[補説]日本で一般的に用いられるハイビジョンという呼称は日本放送協会(NHK)がつけたもので、国際的にはHDTVを用いる。→ハイビジョンエス‐ディー‐ティーブイ(SDTV)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android