HOYA[株](読み)ホーヤ

百科事典マイペディアの解説

HOYA[株]【ホーヤ】

光学・電子製品,眼鏡・クリスタル製品の大手メーカー。1941年山中正一・茂兄弟が東洋光学硝子製造所を創業。1944年東洋光学硝子製造所として設立光学ガラス・クリスタルガラス事業から出発し,1960年代に眼鏡事業に,1970年〜1980年代にエレクトロニクス・半導体事業に,それぞれ進出した。近年はメディカル関連事業とオプトロニクス(光,電子)事業に注力。1984年ホーヤに,2002年HOYAに社名変更。2006年12月光学メーカーのペンタックスと合併することで合意したと発表したが,ペンタックスの一部経営陣や株主反発,2007年4月に合併方針を取り下げ,株式公開買付による買収を提案,5月に両者同意。本社東京。2011年資本金62億円,2011年3月期売上高4196億円。売上構成(%)は,情報・通信49,ライフケア48,非継続事業2。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる