コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IOA アイオーエー IOA

3件 の用語解説(IOAの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイ‐オー‐エー【IOA】[Individual Olympic Athlete]

Individual Olympic Athlete》2000年にシドニーで開催された第27回夏季オリンピックに、個人として参加した東ティモールの選手団に対して、国際オリンピック委員会IOC)が割り当てた国名コード東ティモールは当時、国連の支援下でインドネシアから独立を果たしつつあった。オリンピック個人参加選手団。→IOA(Independent Olympic Athletes)

アイ‐オー‐エー【IOA】[independent Olympic athletes]

Independent Olympic Athletes》2012年にロンドンで開催された第30回夏季オリンピックに、各国内オリンピック委員会(NOC)からの派遣ではなく独立参加選手として参加した、旧オランダ領アンティル南スーダンの選手に対して、国際オリンピック委員会(IOC)が割り当てた国名コード。旧オランダ領アンティル2010年に解体し、NOCがIOCから承認を取り消されていた。南スーダンスーダンから独立して間もなく、NOCが結成されていなかった。オリンピック独立参加選手団。→IOA(Individual Olympic Athlete)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IOA
あいおーえー

国際オリンピック委員会(IOC)や国際競技団体などが特例として承認し、オリンピックに参加する個人資格を得た選手や選手団。個人参加五輪選手Individual Olympic Athletesや、独立参加選手団Independent Olympic Athletesの略で、IOAという個人区分の参加枠が設けられることがある。
 通常、オリンピックに参加する選手は、各競技の国内団体が選出し、国内オリンピック委員会がその国の代表選手としてオリンピックの大会に派遣する。ただし、オリンピック憲章には特例措置として、国内オリンピック委員会や国内団体が存在しないときの個人資格(個人名義)での参加を認める細則が設けられている。IOAの参加資格は、この細則によって認められた資格である。
 2012年(平成24)のロンドン大会では、2011年7月にスーダン共和国から分離・独立した、南スーダン共和国のマリアルGuor Marial(1984― )が、個人参加五輪選手としてマラソン競技に出場した。また、オランダ領アンティル選手団は、自治領の解体により派遣団体がなくなり、独立参加選手団として参加している。2000年シドニー大会では東チモール選手団、1992年(平成4)バルセロナ大会では旧ユーゴスラビア内6共和国の選手団が、IOAとしての特例措置を受けている。
 なお、シドニー大会のテコンドー銅メダリスト、岡本依子(よりこ)(1971― )は、2004年アテネ大会出場を前に、国内競技団体の分裂によって国内団体からの承認が得られないという不測の事態になった。この際には岡本選手が国際オリンピック委員会と国際テコンドー連盟より個人参加オリンピック選手での参加資格の承認を得て、日本オリンピック委員会が大会へ派遣するという方法で出場している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IOAの関連キーワードIHVISVIBAFITCommonwealth of Independent Statesindependent regulatory commissionIndependent TheatreIndependent SchoolIndependent StudyPrivate~

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IOAの関連情報