ISA(読み)あいさ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ISA

IBM PC/ATの拡張バスであるATバスを、IEEEが標準規格化したバス。ISAの仕様はATバスとほとんど同じだが、細かいタイミングに違いがある(ATバスで規定されていなかった部分で、ISAでは規定されている部分もある)。 ISAバスは、24bit幅のアドレスバスと16ビット幅のデータバス、7本のDMA要求信号、11本の割り込み要求信号を備える。バスクロックは、ATバスのころは最初6MHzだったが、現在は8.33MHzが標準になった(もっとも、マシンによっては6MHz~16MHzぐらいの範囲で変えられることが多い)。データ転送速度は、バスクロックが8MHzでメモリーアクセスの場合、ピークで8Mbytes/secである。 ISAは、PC互換機の世界で一番よく利用されている拡張バスである。しかし現在の486やPentiumなどの高速なCPUで利用するには、ISAバスは機能的にも性能的にも非力といわざるをえない。たとえばデータ転送速度の遅さのほか、メモリー空間が狭い(16Mbytes)、DMAコントローラの機能やバスマスターのサポートが貧弱、システムリソースの設定が繁雑、といった欠点がある。これらの問題を解決すべく、MCAやEISAVL-Bus、PCIといった拡張バスが開発されてきた。なお、システムリソースの設定については、Plug and Play ISAという新たな規格で自動設定機能が追加される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アイ‐エス‐エー【ISA】[International Sociological Association]

International Sociological Association国際社会学会。各国社会学会の統合組織。1949年設立。事務局はマドリード。

アイ‐エス‐エー【ISA】[International Shakespeare Association]

International Shakespeare Association》国際シェークスピア協会。

アイ‐エス‐エー【ISA】[Industry Standard Architecture]

Industry Standard Architecture》⇒アイサ

アイサ【ISA】[Industry Standard Architecture]

Industry Standard Architecture》初期のIBM PC/AT およびその互換機で業界標準として採用されていた古いバス規格。現在では、転送速度などに優れたPCIバスが一般的になっている。

アイ‐エス‐エー【ISA】[International Seabed Authority]

International Seabed Authority国連海洋法条約に基づいて深海底の鉱物資源の探査・管理を行う国際機関。同条約の締約国がすべて参加し、1994年に設立。国際海底機構

イーサ【ISA】[Individual Savings Account]

Individual Savings Account》英国で、投資・貯蓄の譲渡益・配当・利息が非課税となる口座。個人向けの投資・貯蓄奨励制度として1999年に導入。毎年1万5240ポンドを上限として配当・譲渡益・利息が非課税となる(2016年7月現在)。個人貯蓄口座。→ニーサ(NISA)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ISA

〖International Student Association of Japan〗
日本国際学生協会。1934 年設立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のISAの言及

【国際標準化機構】より

…略称をISO(イソまたはアイエスオーと読む)といい,国際規格を制定・普及するための機関であるが,非政府機関である。この機関の前身は,1926年に創設された万国規格統一協会(ISA)である。ISAは,42年に第2次大戦のためその機能を停止するまで21ヵ国が参加して活発に活動していた。…

【入出力装置】より

…主にパソコンの内部と外部とのインターフェースとして,RS-232C,USB,IEEE1394,10Base-T,MIDIなどのシリアルインターフェース,セントロニクス,SCSIなどのパラレルインターフェース,赤外線無線通信のためのIrDAなどがある。また,パソコン内部に装着する周辺装置のためのインターフェースとして,PCI,ISA,PCMCIA,IDEなどがある。これらの関係を図2に示す。…

※「ISA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ISAの関連情報