コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KDD ケーディーディーKDD

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

KDD
ケーディーディー

ケイディディ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

KDD
けーでぃーでぃー

日本の通信会社。第二次世界大戦後、国際通信の民営化を図ることになり1953年(昭和28)国際電信電話株式会社として設立された。1955年には、従来各地に分散していた電報・電話の中央局を集中する総合局(国際通信センター)を建設し、翌年国際テレックスを開始。1964年にはアメリカの通信会社AT&Tと協力して太平洋横断ケーブルを開通させ、67年から衛星通信を開始するなど、広帯域通信網を建設して電報・電話の自動化、即時化を進める一方、国際ファクシミリ電報業務(1972)など新サービスも追加した。1974年には32階建てのKDDビル(東京都新宿区)を完成し、以降、国際ダイヤル通話、国際テレックス電子交換システムを実現したほか、デジタル衛星通信技術、海事衛星通信技術など通信技術の多様化を図ってきた。1998年(平成10)7月から国内電話サービスを開始し国際通信専門会社から脱皮、同年12月には日本高速通信(テレウェイ)と合併、社名を国際電信電話からKDDに変更した。さらに2000年4月、第二電電DDI)と携帯電話会社の日本移動通信(IDO(イドー))との合併に正式調印した。2000年10月に正式発足した新会社はDDIを存続企業とし、新社名はディーディーアイとしていたが01年4月ケイディーディーアイと、さらに02年11月にはKDDIと改称した。合併後の連結売上高は3兆円を超え、日本電信電話(NTT)に次ぐ規模の巨大通信会社が誕生した。合併前、1999年時点のKDDの資本金は405億円。[中村清司]
『KDD社史編纂委員会編纂『KDD社史』(2001・KDDIクリエイティブ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のKDDの言及

【国際電信電話[株]】より

…国際電信電話株式会社法(1952)に基づき1953年に創設された会社。略称KDD。新技術を積極的に導入し機動的経営を行うため,当初から民営会社として設立された。…

※「KDD」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

KDDの関連キーワードジャパン・インフォメーション・ハイウェイ国際公衆データ伝送サービス国際金融情報伝送サービス自律自航型海中ロボット国際テレビジョン伝送ケイディーディーアイ国際オートメックス国際電信電話[株]日米電気通信協議電気通信事業法インマルサットKDDI(株)コモンキャリアKDDI[株]深海無人探査機逓信総合博物館衛星携帯電話国際デーテル前川 春雄秋草 篤二

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

KDDの関連情報