LPレコード(読み)エルピーレコード

百科事典マイペディアの解説

LPレコード【エルピーレコード】

塩化ビニル系樹脂製レコードで毎分約33回転のもの。直径30cmで片面30分まで演奏できる。ほかに直径17〜25cmのものもある。1948年CBSコロンビア会社のP.ゴールドマークが発明。可聴範囲の全音域をほとんど雑音なしに録音でき,ハイファイ時代の契機となり,それまでのSPレコードを駆逐した。LPはlong playing(長時間演奏)の略。しかし,カセットテープとの競合などにより,日本では1976年の1億9975万枚を最高に年々生産量が低下,1982年に導入されたコンパクトディスク(CD)の急速な普及による世代交代で,1990年ころにはほぼ市場から姿を消した。→EPレコード
→関連項目レコード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

LPレコード
えるぴーれこーど

long playing recordの略称。アメリカのコロムビア社が1948年に開発した長時間レコード。回転数は1分間33と3分の1回転で、曲率半径1ミル(25.4マイクロメートル)の再生針に対応する音溝(おとみぞ)をもつ。従来のSPレコードに比べて微細な音溝であるため、同様な音溝をもつシングルレコードやEPレコードとともにマイクログルーブレコードともよばれる。直径30センチメートルが標準で、この場合、演奏時間は片面20~30分である。直径25センチメートルのものもある。材料として、塩化ビニル、酢酸ビニルの共重合体を主体とする合成樹脂が使われる。取扱い、演奏時間、音質、雑音などのすべての点でSPレコードに勝り、レコードの主流であった。
 1982年(昭和57)にCD(コンパクトディスク)が発売されると、使用上の簡便性と音質のよさが評価されるようになった。1986年にはLPレコードとCDの国内生産枚数は4500万枚ずつで、ほぼ同数であったが、以後LPレコードの生産枚数は急激に減少し、CDが音楽ソフトの主流となって現在に至っている。LPレコードの製造は2000年代に入って以降も続けられているが数量的には少なく、統計にあがるまでには至らない。需要もアナログ録音の音をとくに好む愛好家向けや、DJ(ディスク・ジョッキー)がスクラッチとよばれる特殊な演奏効果(レコード盤の摩擦によるノイズを用いた技法)を演出するためなどに限られている。音楽の記録媒体としての主流の座は降りたが、LPレコードが音楽文化に尽くした貢献は大きく、歴史に名をとどめるべきものである。[吉川昭吉郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

LPレコードの関連情報