コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LPレコード エルピーレコード

2件 の用語解説(LPレコードの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

LPレコード【エルピーレコード】

塩化ビニル系樹脂製レコードで毎分約33回転のもの。直径30cmで片面30分まで演奏できる。ほかに直径17〜25cmのものもある。1948年CBSコロンビア会社のP.ゴールドマークが発明。
→関連項目レコード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

LPレコード
えるぴーれこーど

long playing recordの略称。アメリカのコロムビア社が1948年に開発した長時間レコード。回転数は1分間33と3分の1回転で、曲率半径1ミル(25.4マイクロメートル)の再生針に対応する音溝(おとみぞ)をもつ。従来のSPレコードに比べて微細な音溝であるため、同様な音溝をもつシングルレコードやEPレコードとともにマイクログルーブレコードともよばれる。直径30センチメートルが標準で、この場合、演奏時間は片面20~30分である。直径25センチメートルのものもある。材料として、塩化ビニル、酢酸ビニルの共重合体を主体とする合成樹脂が使われる。取扱い、演奏時間、音質、雑音などのすべての点でSPレコードに勝り、レコードの主流であった。
 1982年(昭和57)にCD(コンパクトディスク)が発売されると、使用上の簡便性と音質のよさが評価されるようになった。1986年にはLPレコードとCDの国内生産枚数は4500万枚ずつで、ほぼ同数であったが、以後LPレコードの生産枚数は急激に減少し、CDが音楽ソフトの主流となって現在に至っている。LPレコードの製造は2000年代に入って以降も続けられているが数量的には少なく、統計にあがるまでには至らない。需要もアナログ録音の音をとくに好む愛好家向けや、DJ(ディスク・ジョッキー)がスクラッチとよばれる特殊な演奏効果(レコード盤の摩擦によるノイズを用いた技法)を演出するためなどに限られている。音楽の記録媒体としての主流の座は降りたが、LPレコードが音楽文化に尽くした貢献は大きく、歴史に名をとどめるべきものである。[吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

LPレコードの関連キーワード塩化ビニリデン塩化ビニルビニル樹脂ポリ塩化ビニリデンポリ塩化ビニル塩化ビニル樹脂PVCビニール袋塩化ビニリデンケーシング硬質ポリ塩化ビニル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

LPレコードの関連情報