コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レダ Lēdā

翻訳|Lēdā

デジタル大辞泉の解説

レダ(Lēdā)

ギリシャ神話で、スパルタ王テュンダレオスの妻。白鳥に身を変えたゼウスと交わって卵を産み、それからヘレネ・ポリュデウケス・カストル・クリュタイムネストラの四子が生まれたという。
(Leda)木星の第13衛星で、すべての衛星のうち10番目に木星に近い軌道を回る。1974年に発見。名はに由来。非球形で平均直径は約20キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

レダの関連キーワードミネリ(Vincente Minnelli)スコット(Renata Scotto)ジョーンズ(Quincy Jones)ガブリエル ガルシア・マルケスコノマチョウ(木の間蝶)ゴンゴラ・イ・アルゴテユリオルキス ガンボアマチャド・イ・ルイスガルシア・マルケスクリステンセンブック・クラブ野球殿堂博物館バングラデシュコメツキモドキコノマチョウ頬広擬叩頭虫ソレダッド砦白紋黒枝尺蠖トルストフ薄色木間蝶

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レダの関連情報