シシュフォス(英語表記)Sisyphos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シシュフォス
Sisyphos

ギリシア神話の英雄。人間のなかで最も奸智にたけていたとされる。アイオロスの子で,コリントを創建し,その王となったが,ゼウスがアソポス川の娘アイギナをさらったのをみて,父の河神に告げ口したうえに,これを罰しようとしてゼウスが彼のもとに送った死神タナトスを捕え,その解放を強制されて死ななければならないはめに陥っても,冥府でハデスをだまし,また地上に帰り長生きしてしまうなど,生前に神々を愚弄し続けたため,死後冥府で,頂上に着くとまた転がり落ちてくる岩を何度でも山の上に押上げる苦役に服すことになった。一伝によれば,彼は,オデュッセウスの母アンチクレイアが,ラエルテスと結婚する前に彼女と通じていたので,知恵者として名高いオデュッセウスの実の父にほかならないという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シシュフォス

ギリシア伝説のコリントス王。人間のうちで最もずるいといわれ,神ゼウスをすら欺いた。そのため神罰を受け,冥府では岩を山の上に押し上げる仕事を命じられたが,岩は山頂に達するたびにころげ落ち,未来永劫(えいごう)に呻吟(しんぎん)することになる。A.カミュのエッセーの表題(《シジフォスの神話》)はこの人物に由来する。
→関連項目ベレロフォン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シシュフォス【Sisyphos】

ギリシア伝説で,最も狡猾(こうかつ)な人間。コリントス市の創建者。死後,地獄に落とされ,大石を山頂に押し上げるよう命じられたが,石はいま一息というところで必ずまた転がり落ちるため,彼は永遠に空しい労苦を繰り返しているという。この有名な話はすでにホメロスの叙事詩《オデュッセイア》に語られているが,シシュフォスが受けた刑罰の原因に関して後代の神話作者たちは,河神アソポスAsōposの娘の誘拐犯人をゼウスと明かしたことにより,ゼウスの怒りを買って冥府へ送られたシシュフォスが,冥府の王ハデスをまんまとだまし,再び地上に戻って長生きをしたためと説明した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シシュフォス【Sisyphos】

ギリシャ神話中のコリント王。ゼウスの怒りを買い死神を送られたが、死神をだまし捕らえたため、しばらく死ぬ者が絶えたという。重なる悪業の罰として、地獄でたえず転がり落ちる大石を山頂へ押し上げる永遠の空しい苦業を課せられた。シジフォス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシシュフォスの言及

【地獄】より

…そして最後の段階が,罪を犯した人間に罰と浄化を課する地獄である。たとえばコリントスの邪悪な王であったシシュフォスが堕(お)ちた世界がそれで,彼は石を山頂まで転がしていく作業を永久に続けなければならなかった。ギリシアではこのような地獄を一般にハデスとよび,神名ともなっているが,のちにキリスト教において発達をみた地獄は,ゲヘナである。…

【タナトス】より

…ホメロスではヒュプノス(〈眠り〉)の兄弟,ヘシオドスではニュクス(〈夜〉)の子とされるが,いずれも抽象的な存在にとどまる。人格神としての彼は,英雄ヘラクレスがタナトスと格闘してアルケスティスを救うエウリピデスの悲劇《アルケスティス》や,シシュフォスにより河神アソポスの娘の誘拐犯人と暴露されて怒ったゼウスが,シシュフォスのもとへタナトスを遣わしたところ,狡猾なシシュフォスはタナトスをだまして縛り上げたため,軍神アレスがそのいましめを解くまで,しばらく死者が出なかったという前5世紀の作家フリュニコスの伝える話などに見いだされる。【水谷 智洋】。…

※「シシュフォス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android