MR(読み)エムアール

デジタル大辞泉の解説

エム‐アール【MR】[medical representative]

medical representative医薬情報担当者。薬についての知識や情報を医師や薬剤師に提供する製薬メーカーの営業担当者。

エム‐アール【MR】[mixed reality]

mixed reality》⇒ミクストリアリティー

エム‐アール【MR】[magnetoresistance]

magnetoresistance》⇒磁気抵抗効果

エム‐アール【MR】[mitral regurgitation]

mitral regurgitation》⇒僧帽弁閉鎖不全症

ミスター(Mister/Mr.)

男性の姓または姓名の前に付ける敬称。氏。
地名や団体、職業、物事などの上に付けて、それを代表する男性。その分野で功績のある男性。「ミスター社会部」「ミスター年金」

エム‐アール【MR】[midship engine rear drive]

mid-engine, rear wheel drive》自動車で、エンジンを車体の中心付近に置き、動力を後輪に伝える方式。エンジンの重心は前輪車軸と後輪車軸の間に位置する。→ミッドシップ2アール‐アール(RR)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵の解説

MR

現実世界にCG技術を用いた仮想世界を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた、複合世界を作る技術。室内などの現実の風景上に、コンピュータで作成した3D映像を重ねて表示させ、それらの映像を操作できる点などが大きな特徴で、複合現実とも呼ばれる。
類似の技術としては、VRやARが広く知れ渡っている。VR(Virtual Reality:仮想現実)は、仮想世界を現実世界のように体感できる技術であり、VRを体験するためには、Oculus RiftやHTC Viveに代表されるヘッドマウントディスプレイと呼ばれるデバイスが必要となる。AR(Augmented Reality:拡張現実)は、現実世界に仮想世界を重ねる技術であり、ARを取り入れたものとしては、現実世界にアニメのキャラクターが登場する、スマートフォンゲームアプリの「ポケモンGO」や、自撮りした顔写真に、動物の耳や鼻などを重ねて表示するカメラアプリ「スノー SNOW」などが有名だ。
MRは、VRとARの両方の特徴を備えている。代表的なMR技術としては、Microsoft社の「Hololens」が挙げられる。Holorensは、VRのヘッドマウントディスプレイのように、頭に装着するワイヤレスタイプのデバイスで、Holorensを装着すると、目に見える現実世界に、ホログラムと呼ばれる映像が現れる。ホログラムは、3Dの映像を記録するホログラフィ技術によるものだが、ARのようにただ現実世界に映像が表示されるだけではない。MRがARと大きく異なるのは、装着者の手の動きや声でHololensを操作すれば、目の前の映像を変化させることもできる点だ。MRなら、ARのように単に映像を見るだけでなく、Hololensを装着した友人や仕事仲間とホログラムを共有し、3Dの具体的な映像を作り上げるといったコラボレーションも可能だ。Microsoft社は、MRを車や建造物のデザインやプロトタイプ作成に利用したり、教育現場では、宇宙空間の学習や、人体の仕組みを学ぶなどの様々な学習ツールとして提案している。なお、Hololensの価格は、30万円以上と高価だが、Microsoft社は、MRを推進すべく、「Windows Mixed Reality」というプラットフォームを立ち上げ、自社以外の様々なメーカーから5万円前後の価格帯でのMRデバイスを発売させた他、Windows10パソコンで、これらのMRデバイスが利用できるよう、2016年10月17日より、Windows10の大型アップデートとなる「Fall Creators Update」をリリースしている。
ちなみに、MR技術では、Microsoft社の他に、Magic Leap社も注目されている。同社は、体育館の床からクジラが飛び出してくる映像などで自社のMRをPRしており、Google社や中国アリババ・グループなどから資金提供を受けている。17年12月には、開発者向けのデバイス「Magic Leap One」が公開されたため、同社の今後の展開が期待される。

(横田一輝 ICTディレクター/2018年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

MR

MedicalRepresentativesの略。医薬情報担当者。日本ではスイスのロシュ社が1912年に導入したのが始まりとされ、当初は「プロパー(宣伝する人)」と呼ばれた。ただ、医薬品の値引き競争や過剰接待が問題に。業界は91年に呼称をMRに改め、薬の価格交渉を禁止した。

(2012-11-20 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

MR

〖marketing research〗

MR

〖medical representative〗
医薬情報担当者。新薬に関する情報を病院側に伝え、臨床データを収集する製薬会社の担当者。

MR

〖mixed reality〗
複合現実。コンピューターでつくられた画像などの仮想映像と実写の現実映像を融合させた映像で仮想体験を得ること。また、その技術の総称。

MR

〖motivation research〗
モチベーション-リサーチ。消費者の購買動機の調査。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のMRの言及

【仮想現実】より

…この場合,レジストレーションと呼ばれる仮想世界と現実世界の座標合わせ作業を慎重に行う必要がある。また,MRのシステムにおいて,ユーザーの動く範囲はVRに比較してかなり広くなろう。屋外の場合も考えなければならないなど現実世界はそれだけ広いということである。…

※「MR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MRの関連情報