コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRF エムアールエフMRF

デジタル大辞泉の解説

エム‐アール‐エフ【MRF】[money reserve fund]

money reserve fund》証券総合口座として用いる、オープン型の公社債投資信託。1円以上1円単位で購入でき、毎日計上される収益は1か月分まとめて再投資されるので複利運用が期待できる。引き出しが自由で流動性が高いため、安全な高格付け債券、CP(コマーシャルペーパー)、CD(譲渡性預金)などの短期金融商品で運用される。証券会社が扱う金融商品を購入する際、代金に相当するMRFを売却して買い付けるという方法を取る。マネーリザーブファンド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

投資信託の用語集の解説

MRF


株式や投資信託等の購入、カード利用代金の引落、給与振込等に利用される証券総合口座用の投資信託で日々決算型の公社債投資信託の一つ。投資信託協会の規則において、投資先資産が制限されており、投資信託の中で最もリスクの低い運用を行っている投資信託と言える。(元本保証ではない)。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

MRF

〖money reserve fund〗
証券総合口座。証券会社が設定している顧客口座の一。有価証券の取引や MMF・中期国債ファンドへの投資の管理および、給与振り込み・公共料金引き落としなどが総合的に処理できるもの。1997 年(平成 9)導入。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MRF
えむあーるえふ
Money Reserve Fund

1997年(平成9)10月、証券総合口座用のファンドとして導入された公社債型の投資信託。信託期間は無期限である。証券総合口座では、おもに有価証券の売買用の資金を一時的にプールする目的で利用されるが、給与や年金などの受け皿やクレジットカードの決済口座としても活用される。1円以上1円単位でいつでも申し込むことができ、申込手数料はかからない。換金に際してMMF(Money Management Fund)のような制約がなく、いつでも無手数料で換金できることから、銀行の普通預金に類似した流動性の高い証券商品といえる。
 運用対象は、高格付けの公社債や譲渡性預金(certificate of deposit=CD)などの短期金融商品を中心に保守的に行われ、株式はいっさい組み入れない。毎日決算を行い、収益分配金は月末にまとめて再投資する、1か月複利方式で運用される。元本は保証されないものの、比較的安全性の高い金融商品である。[高橋 元]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

MRFの関連キーワード中部ヨーロッパ相互兵力削減交渉黒色素胞刺激ホルモン抑制因子サクスコーブルゴツキ通常戦力の規制ホルモンMBFR軍縮

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MRFの関連情報