コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)肺炎 えむあーるえすえーたざいたいせいおうしょくぶどうきゅうきんはいえん

1件 の用語解説(MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)肺炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

えむあーるえすえーたざいたいせいおうしょくぶどうきゅうきんはいえん【MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)肺炎】

[どんな病気か]
 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌が感染しておこる肺炎です。以前はブドウ球菌による肺炎の治療にペニシリンを使っていましたが、そのうちペニシリンが効かないブドウ球菌(耐性ブドウ球菌)が現われてきたのです。
 メチシリンは、最初に開発された耐性ブドウ球菌用の抗生物質ですが、MRSAは、メチシリンにも抵抗性を示すという意味で、こういう名がつきました。しかし、その本体は、各種の抗生物質にも生きのびる耐性をもった黄色ブドウ球菌(多剤耐性黄色ブドウ球菌)です。
 MRSAは、ふつうの黄色ブドウ球菌に比べて毒力が低く、多種の抗生物質に耐性を示すようになるにつれて、さらに毒力が低下するようです。したがって、健康な人には、ほとんど問題となることはありません。
 MRSAは鼻腔(びくう)、口腔(こうくう)にふつうにいるため、悪性腫瘍(あくせいしゅよう)や治療のために抵抗力(免疫)の低下した患者さんのたんや、咽頭(いんとう)をぬぐった検査液から、しばしば、緑膿菌とともに見つかります。
 MRSAが実際に感染して肺炎をおこす例は、菌が見つかった患者さんのうちでも、ごくわずかと報告されています。しかし、MRSAに効く抗生物質がかぎられるため、別の重病にかかり抵抗力が極端に落ちた人に感染すると、重症化して死に至ることもあります。
 MRSA感染症としては、肺炎よりも、腸炎(ちょうえん)や手術後の傷口の感染が問題となることが多く、肺炎は、心臓血管外科などの手術後で人工呼吸器を使ったり、長期間、寝たきりでいる患者さんに多くみられる傾向があります。
[治療]
 咽頭やたんの検査からMRSAが見つかっても、実際に肺炎などの感染症をおこし、治療を必要とすることは多くありません。
 肺炎をおこした患者さんに対する治療としては、たんの細菌を培養した検査の結果を参考に、その菌に抗菌力のある抗生物質を使います。
 ミノサイクリン製剤を使ったり、ホスホマイシン製剤とほかのセフェム系抗生物質組み合わせて使ったりします。それでもよくならないときはバンコマイシン製剤を点滴します。
 現在、バンコマイシン製剤に抵抗性を示すMRSAは、ほとんどありません。ただし、バンコマイシン製剤は腸から吸収されにくいため、MRSA腸炎の場合は内服でよいのですが、肺炎に対しては、内服しても効果がありません。
[予防]
 予防の基本は、緑膿菌肺炎(この項目の緑膿菌肺炎)と同じです。たいせつなことは、MRSAは、医療従事者や介護者の手などを通して、保菌者からほかの患者さんにうつり、鼻腔や口腔にすみつきやすいということです。保菌者を訪問したり、介護などをしたりした後は、手を洗い、うがいをするよう心がけましょう。
 また、患者さん自身も、うがいを励行して口内を清潔に保ったり、鼻腔や手指を消毒することがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)肺炎の関連キーワード抗菌薬メチシリン耐性黄色ブドウ球菌バンコマイシン耐性腸球菌致死率何心地不死身メチシリン耐性黄色葡萄球菌結節性黄色腫VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone