コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NEET NEET/にーとNot in Education, Employment, or Training

知恵蔵の解説

NEET

ニート」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ニート【NEET】[not in education, employment or training]

not in education, employment or training》学校にも行かず、就職しようともせず、職業訓練も受けない若者のこと。1990年代末に英国で名付けられた。2000年代になって日本でも問題化。→フリーター若年無業者
[補説]日本では、内閣府厚生労働省がそれぞれ次のように定義している。
[内閣府]15~34歳までで、学校に通学せず、独身で、収入を伴う仕事に就いていない人。
[厚生労働省]15~34歳までで、仕事に就いておらず、家事も通学もしていない人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ビジネス用語集の解説

NEET

NEET(ニート)とは、もともとイギリスで使われるようになった
言葉で、「Not in Education, Employment or Training」の略を言います。

「教育を受けているわけでもなく、就業者でもなく、
就業訓練を受けているわけでもない人」のことを指していましたが、
日本では「引きこもり」「オタク」のような意味も含まれて伝えられています。

日本におけるNEET(ニート)とは、「働く意欲のない、無気力な若者」
のように伝えられていますが、本来の言葉の由来とは離れた意味で
使われることが多くなっています。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

NEETの関連キーワードニート/フリーターNEET株式会社江見ひかるSNEP

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android