コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NEET NEET/にーと Not in Education, Employment, or Training

3件 の用語解説(NEETの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

NEET

ニート」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニート【NEET】[not in education, employment or training]

not in education, employment or training》学校にも行かず、就職しようともせず、職業訓練も受けない若者のこと。1990年代末に英国で名付けられた。2000年代になって日本でも問題化。→フリーター若年無業者
[補説]日本では、内閣府厚生労働省それぞれ次のように定義している。
[内閣府]15~34歳までで、学校に通学せず、独身で、収入を伴う仕事に就いていない人。
[厚生労働省]15~34歳までで、仕事に就いておらず、家事も通学もしていない人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネス用語集の解説

NEET

NEET(ニート)とは、もともとイギリスで使われるようになった
言葉で、「Not in Education, Employment or Training」の略を言います。

「教育を受けているわけでもなく、就業者でもなく、
就業訓練を受けているわけでもない人」のことを指していましたが、
日本では「引きこもり」「オタク」のような意味も含まれて伝えられています。

日本におけるNEET(ニート)とは、「働く意欲のない、無気力な若者」
のように伝えられていますが、本来の言葉の由来とは離れた意味で
使われることが多くなっています。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NEETの関連キーワードイギリスオランダ戦争イギリス巻基調判断内閣府令イギリスパン内閣府参与イギリスの名車Miniバースデーの日イギリス下見ベートーヴェン:イギリスの歌「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲/piano soloイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NEETの関連情報