コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NGC星表 エヌジーシーせいひょうNew General Catalogue of Nebulae and Clusters of Stars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

NGC星表
エヌジーシーせいひょう
New General Catalogue of Nebulae and Clusters of Stars

星雲星団および銀河の目録。NGCカタログ。各天体について,種別やタイプ,天球上の位置(赤経,赤緯),見かけの光度(等級),見かけの大きさ(広がり)が表として記載されている。ジョン・ハーシェルが父ウィリアム・ハーシェルと自身の観測を合わせて 1864年に出版した 5079個の星雲,星団の表を,1888年にジョン・ドライヤーが改訂出版したもの。ハーシェルの表に 1887年までのドライヤー自身や他の数人の観測を補い,7840個の星雲,星団および銀河の表とした。ドライヤーによる二つの追加の表として,1888~94年に実視観測され,1895年に出版された 1529個の星雲,星団の表 IC(Index Catalogue)と,それ以後 1907年までに実視・写真観測された 5386個の星雲,星団の表第2 IC(1908出版)があり,表の形式は NGCとまったく同じである。これらをまとめてドライヤーカタログ(ドライヤー星表)という。NGC星表は写真観測に基づいて 1974年に再改訂され,RNGC(The Revised New General Catalogue of Non-Stellar Astronomical Objects)として出版された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エヌジーシー‐せいひょう〔‐セイヘウ〕【NGC星表】

New General Catalogue of Nebulae and Clusters of stars》英国の天文学者ドライヤーが1888年に編集した星表。7840個の星雲・星団の位置・形・見え方などを記載。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

NGC星表【エヌジーシーせいひょう】

New General Catalogue of Nebulae and Clusters of Starsの略。全天の7840個の星雲・星団の目録。J.ハーシェルが編纂(へんさん)したもの(Newがついていない)を,デンマークのJ.L.E.ドライアーが1888年に増補。
→関連項目星表

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エヌジーシーせいひょう【NGC星表】

New General Catalogue of Nebulae and Clusters of Starsの略で,全天の各種星雲と星団7840個の位置と形状とを記載。星雲や星団の多くはこれの番号またはメシエの番号Mによって呼ばれる。Newを冠しない原典はJ.ハーシェルが編纂,これをデンマークの天文学者ドライアーJohan Ludvig Emil Dreyer(1852‐1926)が1888年に増補してNGCとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NGC星表
えぬじーしーせいひょう

New General Catalogue of Nebula and Clusters of Starsの略。イギリスの天文学者ドライヤーが、1888年に編集した星団・星雲の目録。銀河などを含む7840の星団・星雲が収録されており、後の1895年と1908年に出版されたIC(Index Catalogue)星表の基礎となった。
 2012年時点でも、星団・星雲を示すのにこの目録の番号でよぶのがもっとも一般的で、たとえばアンドロメダ星雲はNGC224のように表される。[大脇直明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

NGC星表の関連キーワードドライヤー(デンマークの天文学者)インデックスカタログ天文学史(年表)メシエカタログ銀河(天体)NGC番号

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android