コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RGB アール ジー ビー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RGB

色の表現方法のひとつ。R(赤)、G()、B()の、光の3原色を組み合わせてさまざまな色を表現する。RGBは、ブラウン管液晶ディスプレーなどで使用されているため、パソコンの映像出力方式のひとつにもなっている。通常、パソコンではRGBをそれぞれ8ビットで表現し、それらの組み合わせで色を再現する。8ビットで表現できる色は256通りあり、RGBの3色を組み合わせると256×256×256で、約1670万色となる。パソコンでいうフルカラーとは、この約1670万色を指している。また、グラフィック・ソフトで色を指定する際に、RGBの数値を用いることがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

RGB

光の三原色、赤(R)、緑(G)、青(B)のことです。3色の明暗の組み合わせで色を表現します。画面の色指定などに使われます。
⇨CMYKsRGB

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アール‐ジー‐ビー【RGB】[red-green-blue]

red-green-blue》コンピューターで利用される色の表現形式の一。光の三原色である赤(red)、緑(green)、青(blue)を組み合わせて表現する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

RGB【アールジービー】

光の三原色。red(赤),green(緑),blue(青)を意味し,とくにカラーテレビジョンコンピューターで色を表現する仕組みを指す。R,G,Bがそれぞれ何通りあるかによって,表現できる色の総数がかわる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

RGB

Red-Green-Blueの略。Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)の、光の3原色で画像を表示する方式。これら3つの色の組み合わせでほとんどの色を再現する。デジタルカメラのほか、カラーモニタなどで使用されている。RGB方式の他には、印刷で使われる CMYK 方式がある。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

ホームページ制作用語集の解説

RGB

コンピュータで色を表現する際に用いられる表記法の一つ。赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の光の3原色で発光装置を使い、色を混ぜて表示する場合に使われる。

出典|(株)ネットプロホームページ制作用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

RGB

〖red, green, blue〗
赤、緑、青。光の三原色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

RGB
アールジービー

色を光の三原色,赤 red,緑 green,青 blueで表現する表色系(→色の体系)。ヒトの感じる色は 3色の混合で表すことができるが,その 3色として赤,緑,青を選び,いわゆる加法混色で色をつくる(→混色)。具体的には赤,緑,青に発光する小点をセットにして多数並べ,各色の輝度を変化させて多種の色を表示させる。国際照明委員会 CIEでは赤,緑,青の波長をそれぞれ 700nm,546.1nm,435.8nmと決めている。デジタルモニターで RGBそれぞれに 8ビット(2の 8乗で 256階調)で表現させる 24ビットカラーを用いれば,1677万7216色の多様な色を表現することができる。また,アナログモニターには RGB信号を伝送する VGA端子(アナログRGB端子,HD15)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

RGB
あーるじーびー

色の表現形式の一つで、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の配合比率を変化させて、すべての色を表現する方法。Red-Green-Blue color modelの略である。コンピュータのディスプレーでは、RGBの信号を「加法混色」(光の三原色を混合してすべての色を表現する手法)による処理をし、写真や映像、図形などをフルカラーで映しだす。1画素のRGBはそれぞれ8ビットで表し、256段階で表現が可能で、3色を組み合わせると256×256×256で約1670万色となる。ディスプレーの仕様に「フルカラー」とあれば、この約1670万色をさす場合がほとんどである。
 印刷物などでは、CMYK(Cyan Magenta Yellow Key plate color model)という方式(プロセスカラー)が用いられる。CMYKでは、シアンcyan(青緑色)、マゼンタmagenta(赤紫色)、イエローyellow(黄色)、ブラックblack(黒色)のインキの配合比率を変化させて(減法混色)、フルカラーの印刷を行う。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

RGBの関連キーワードColorSync プロファイルフォルダークリスタルLEDディスプレーコンポジットビデオ信号マクスウェルの三原色Adobe RGBICCプロファイルVINUSエンジンフィルムレコーダーコンポーネント信号ホワイトマジック32ビットカラーデジタルRGBアールジービー補色フィルターヒストグラムαチャンネルカラーモデルアドビRGB色空間変換原色CCD

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

RGBの関連情報