コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RPV アールピーブイremote piloted vehicle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

RPV
アールピーブイ
remote piloted vehicle

遠隔操縦機。偵察,観測,攻撃などに使用される小型の無線操縦機。無人機のため,危険度が高い地域への偵察に適している。東西冷戦時代やベトナム戦争時代には大型の RPVによる偵察飛行が行なわれた。 1982年のイスラエル軍のレバノン侵攻や 1991年の湾岸戦争で防空陣地の発見に活躍したほか,標的機としても使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アール‐ピー‐ブイ【RPV】[remotely piloted vehicle]

remotely piloted vehicle》無人遠隔操縦機。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アール・ピー・ブイ【RPV】

remotely piloted vehicleの略。遠隔操縦無人機とも呼ばれる。地上指令所,別の航空機など離れた場所からの無線または有線指令により,あるいはRPVに搭載されたプログラム飛行装置により操縦される無人の航空機である。対空砲火が激しく,有人の航空機を使用できないような局面において,従来,有人の航空機によって行われてきた任務の一部を遂行させる。RPVは,使い捨て型と再使用型に大別される。使い捨て型の例としては,航空機に対する地上からの攻撃を分散させるためのおとり用RPVがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

RPVの関連キーワードゴッホ向井ブルーミサイル

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android