コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VHF ブイエッチエフVHF

翻訳|VHF

デジタル大辞泉の解説

ブイ‐エッチ‐エフ【VHF】[very high frequency]

very high frequency》⇒超短波

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

VHF【ブイエッチエフ】

波長10〜1m,周波数30〜300MHzの電磁波。メートル波とも。電離層に反射されず,直進性が著しいため見通し外の距離では急速に減衰する。テレビジョン放送FM放送,移動用無線,方向探知,多重電話などのほか,誘導加熱,超短波治療器にも広く用いられる。
→関連項目電波VORUHFUHF放送

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブイエッチエフ【VHF】

周波数30~300MHzの電波の呼称。超短波ともいう。短波に比べて電波は光と同様に直進する性質を呈するようになるが,建物や小高い丘でも多少の回り込みもあり,テレビ放送,FM放送などに利用されるほか,移動通信,テレメーターなどにも用いられている。電波宮川 洋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

VHF
ブイエイチエフ

超短波」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

VHF
ぶいえいちえふ

very high frequencyの略称。国際電気通信連合(ITU)憲章による無線通信規則に定められている周波数区分の一つで、その範囲は30メガヘルツを超え、300メガヘルツ以下の周波数帯の電波をいう。波長による区分ではメートル波に区分され、波長10メートルから1メートルまでの範囲をいう。一般に超短波とよばれ、広帯域が使用できる周波数帯であるため、音質のよいFM(周波数変調)の使用が可能となる。送受信のアンテナは、主として八木‐宇田アンテナが使用される。[石島 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

VHFの関連キーワードVLow帯マルチメディア放送地上デジタル放送(地デジ)超短波全方向式無線標識マイクロ波着陸装置マルチメディア放送マーカービーコンUHFテレビ放送オールチャンネルテレビチャンネルVブイエッチエフローカライザーバリキャップ同軸ケーブル海上交通管制VUHFテレビ八木アンテナサテライト局ロボット観測

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android