コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

XBRL エックスビーアールエル XBRL

3件 の用語解説(XBRLの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エックス‐ビー‐アール‐エル【XBRL】[extensible business reporting language]

extensible business reporting language》各種財務報告用の情報を作成・流通・利用できるように標準化されたXMLベースの言語。世界規模での財務データの共有化が期待されている。日本では2000年代に入って以降、普及が進み、2008年度から東京証券取引所の開示書類がXBRLを使って作成される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

XBRL

XBRL[えっくすびーあーるえる]とは、eXtensible Business Reporting Language の略で企業の財務諸表などを記述するためのXMLベースになったマークアップ言語。金融、監査、会計、コンピュータなどの企業、団体からなる業界団体、XBRL Internationalによって仕様が制定されている。XBRLが企業の財務情報の標準データ形式として普及すれば、企業、会計士、官庁、投資家、市場など関係者間での財務・会計情報の流通が円滑に進 むことが期待される。企業内の会計システムなどをXBRL対応にすれば、決算などに伴う集計や法定書類の作成等を大幅に自動化でき、業務の効率化が可能と なる。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

XBRL

えっくすびーあーるえると読む。財務報告書のコンピュータ寄りの記述フォーマットであり、日本では上場企業に対して、2008年4月以降よりEDINETへこの形式で提出することが義務づけられている。このフォーマットは、XMLという標準的なフォーマットを会計分野に適用したものであり、諸表の項目名についてもタクソノミという辞書で厳密に規定されている。従来の紙ベースの報告書に比べて、コンピュータ処理が容易になり、データ連携・分析の効率化と精度向上が期待されている。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

XBRLの関連キーワードXBRアールエックスアールエッチイーアールエルイービーエックスエムエルRX-8ヱビスビールCR-XスペシャルエックスDXB

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

XBRLの関連情報