コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Xperia Z Ultra えくすぺりあぜっとうるとらXperia Z Ultra

1件 の用語解説(Xperia Z Ultraの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

Xperia Z Ultra

2013年6月25日に、ソニーモバイルコミュニケーションズ社が発表した大型のスマートフォン。タブレットとスマートフォンの中間のサイズのため、「ファブレット(phablet)」と呼ばれる製品である。国内では、14年1月25日からauより発売される予定。米国の「Google Play Store」など一部のサイトでも、SIMフリー版の購入が可能。
13年10月にドコモやauから発売された「Xperia Z1」のサイズは、144×74ミリで、ディスプレイが約5インチと、従来のスマートフォンの中でも比較的大きなタイプだが、Xperia Z Ultraのサイズは更に大きく、179×92ミリで、フルHD表示(1080×1920ピクセル)が可能な約6.4インチの大型ディスプレイを採用している。
発表当初のOS(基本ソフト)は、Android 4.2だが、4.3にアップデート可能。Google Play Storeの製品は4.4を搭載している。CPU(中央演算処理装置)は、米クアルコム(Qualcomm)社のクアッドコア2.2ギガヘルツで、後発のZ1やZ1fと同じ。その他、約810万画素のオートフォーカスカメラや防水・防塵機能、Wi-Fi(2.4GHz/5GHz、802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth4.0、近距離無線通信国際規格であるNFC(Near Field Communication)などを搭載している。
なお、Z Ultraでは、専用のスタイラスペンでの入力が可能な他に、市販のペンや鉛筆の利用もできる。Z Ultraに出荷時からインストールされている「スケッチアプリなどで、ペン入力によるメモを残したり、「クリップマネージャー」機能で、画面の一部を切り取って、スケッチに貼り付けることもできるため、ファブレットをペン入力主体で、手帳のように使いたいというユーザーニーズに十分応えられる製品となっている。

(横田一輝  ICTディレクター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

Xperia Z Ultraの関連キーワード登録記念物官民ファンド醸造業石井マークCREAMAlexaあゆみくりかまき福山雅治地域医療ソ・イングク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone