コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブレット タブレット

8件 の用語解説(タブレットの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

タブレット

コンピューターの入力装置のひとつ。板状のボードの上に、スタイラスペン呼ばれる専用のペンで描くと、その軌跡の座標情報がコンピューターに入力される。普通のペンと同じ感覚で文字や絵を画面上に描ける。筆圧を読み取れる機能を持ったものを筆圧感知式タブレットと呼び、絵筆のような自然なタッチの絵画や毛筆のような文字を表現できる。各種のファンクションキーを備えたものや、指先でのタッチ入力にも対応し、タッチパッドとして使える製品もある。なお、この機能を高精度化して、CADの分野で利用されているものをデジタイザーと呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

タブレット

板状の機器のことです。「スレート」と呼ばれることもあります。パソコン関連では次の2つを指します。ひとつは、本体と液晶画面が一体の薄い板状になっていて、画面を直接タッチして操作する情報機器のことです。アップルiPadが代表格です。ウィンドウズ8はタッチ操作も想定して開発されており、タブレット型の機器も増えてきました。もうひとつは、ペンと板がセットになった「ペンタブレット」のことです。
⇨SurfaceコンバーチブルPC
ペンタブレット

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タブレット(tablet)

錠剤。
木・象牙などの薄板に文字を書いたもの。標札、書板などの類。
鉄道の単線区間で、1区間に1列車のみの通行を認めるものとして、発駅の駅長が運転乗務員に交付する金属製の通行票。通票。
ペンタブレット」の略。
タブレット型端末」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タブレット

〈小板〉の意。薬の錠剤などもさす。鉄道では単線区間で用いる通票のこと。

タブレット

書字板の意味のラテン語に由来する言葉で,さまざまなものの板状のものを指すが,現代では液晶ディスプレーなどの表示部分にタッチパネルを搭載し,ペンや指で操作するパーソナルコンピューターを総称して使われる。
→関連項目アップルコンピューター[会社]ジョブズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

IT用語がわかる辞典の解説

タブレット【tablet】

➀コンピューターの入力装置であるポインティングデバイスのひとつ。位置を検出するセンサーを内蔵したボードと、位置を指定するペンまたはマウス型の装置で構成され、CAD(キャド)・建築設計デザインイラストの描画などに用いられる。◇「グラフィックタブレット」ともいう。大型のものは「デジタイザー」という。
➁「タブレットPC」「タブレット端末」などの略。⇒タブレットPCタブレット端末

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

タブレット【tablet】

錠剤。
鉄道の通票つうひよう。 → 通票
コンピューターの入力装置の一。平面板とペンから構成され、板面をペンでなぞるとディスプレー画面上のカーソルが移動する。コマンドの選択や図形の入力に使用。グラフィックス-タブレット。 → マウス

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タブレット
たぶれっと

ノートパソコンや携帯端末などにおいて、画面やセンサーを指やペンでなぞって使うポインティングデバイスをさす。画面を直接触って操作する携帯情報端末タブレット型端末といい、それをさしていうこともある。デスクトップパソコンで使われることも多く、外付けのタブレットは基本的にペン(ペンタブレット)を使う。ペンをセンサー上で動かせば同様に画面上のポインタも動き、クリックを行うこともできる。手書き入力も可能であり、ペンによる細かな作業ができるため、イラストレーターデザイナーなどの利用も多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タブレットの関連キーワード金具錠・鏁・鎖錠前舌下チェリー南京錠OD錠鎖し

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タブレットの関連情報