ペン(英語表記)pen

翻訳|pen

精選版 日本国語大辞典 「ペン」の意味・読み・例文・類語

ペン

〘名〙 (pen)
筆記具の一つ。鳥の羽軸(うじく)金属の薄片で先端を尖った形に作り、縦に割目を入れ、そこにインクを含ませて文字などを書くもの。金属片のものは木などの軸につけて用いる。また、万年筆ボールペンなど、インクを用いる筆記具の総称
※西域物語(1798)中「筆をペンといふ鵝の羽の茎の大なるを用、本の方を尖に削り、孔へ墨を含ませ、左上より書始」
② 転じて、文章を書くこと。文筆活動をすること。
婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「しかかって居た翻訳の筆(ペン)を留めて」

ペン

(William Penn ウィリアム━) イギリスの新大陸開拓者。ペンシルベニア(ペンの森の意)の支配権を得て、フィラデルフィア建設。(一六四四‐一七一八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ペン」の意味・読み・例文・類語

ペン(pen)

インキをつけ、字や絵をかく洋風の筆記具。金属や鳥の羽軸で作る。また、万年筆やボールペンなどの総称。
文章を書くこと。文筆活動。また広く、言論活動。「ペンで生活する」
[類語]万年筆付けペン硬筆鉄筆ボールペン

ペン(Arthur Penn)

[1922~2010]米国映画監督舞台演出家。ヘレン=ケラーを描いた「奇跡の人」は、舞台と映画双方成功を収めた。「俺たちに明日あすはない」は、ニューシネマの代表的な作品とされる。他の監督作に「小さな巨人」など。アーサー=ペン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ペン」の意味・わかりやすい解説

ペン
pen

筆記具の一つで,毛筆とならんで代表的なもの。語源はラテン語のpenna(翼,羽毛)で,もとは羽毛の軸の先にインキをつけて書くものを指した。羽根ペン,鵞ペンquillともいわれ,5世紀ころから19世紀まで使われていた。古くは文字を書くのに手の指や簡単な尖筆を用いたと思われるが,中空の管がインキを保持する点を利用して,古代エジプトではアシcalamusの茎が使用され,羽根ペンが出現して小さな字が可能になってからも,アシのペンは地中海地方に残っていた。羽根ペンの羽根は大型の鳥の翼からとり,北ヨーロッパのガチョウ,ガンを最良とし,ハクチョウ,シチメンチョウ,ペリカンなどが利用された。細字用にはカラスの羽根も使われた。一般には羽枝を切り落として羽軸だけにし,小型ペンナイフで先をとがらせて用いたが,羽根を節約するため短く分割し,ホールダーにつけるくふうも19世紀には行われた。18世紀中葉以降,ドイツのヤンセンJ.Janssen,フランスのアルヌーJ.Arnoux,イギリスのハリソンW.Harrisonが金属でペン先をつくることを始めた。すでに17世紀に銀製ペンがあったという記録もある。しかし鋼鉄ペンが大量生産で普及するようになるのは1830年ころで,同年にはペリーJ.Perryがペン先中央の割れ目の左右にも割れ目をつける特許を得ている。

 日本へは1871年(明治4)ころ羽根ペンや金属ペンが輸入され,74年の大蔵省達書では,ペン,インキは必要なときは買って支給せよとあるから,短期間である程度普及したらしい。鋼鉄ペンはほとんどイギリス製だったが,97年には国産品が現れ,日本字用もつくられた。しかし,公文書のペン書きは1908年まで認められなかった。

 ペンはペン先をペン軸にさして用い,用途に応じて種々の形状・筆跡のものが安価に得られるため,一般の筆記用のほか,製図用のもの,地図を描く際に2本の並行線が一度に引ける鉄道ペンなどもつくられたが,最近は他の筆記具に移行している。ガラスペンは墨汁でも使えるよう1902年に日本で考案されたもので,鋼鉄ペンと形状は異なり,ガラス棒の周囲に縦溝をつけ,先端を細くとがらせたものである。
インキ →万年筆
執筆者:

ペン
William Penn
生没年:1644-1718

イギリスのクエーカー教徒の政治家,新大陸ペンシルベニア植民地の創設者。父は海軍提督。オックスフォード大学を中退,外遊後リンカンズ・インで法律を学んだが,1667年クエーカーに加わる。チャールズ2世およびジェームズ2世の知遇を得るが,クエーカーとして説教やパンフレットの著述に励み,数度の入獄にも屈せず,信教の自由と立憲政治のために闘う。70年代にウェスト・ジャージー植民地の経営に参画し,民主的統治のため憲章の作成に貢献。次いで自己の理想に基づく植民地の設立(〈神聖な実験〉)を企図し,父から相続したチャールズ2世の債務に対する代償として,81年ペンシルベニア(〈ペンの森〉という意味)の領主権を付与される。《政治の形体》を起草して82年に渡米,住民総会においてその採択をみた。この統治機構では,信教の自由など人権を尊重したが,政治的には保守的な面がのこされた。植民地滞在中(1682-84)インディアンとの友好関係の樹立やフィラデルフィア市建設計画など,広く活躍した。メリーランドとの境界問題や本国のクエーカー救済のために帰国し,名誉革命後ジェームズ2世との親交のゆえに嫌疑をかけられ,領主権を一時奪われた(1692-94)。復権後植民地を再訪(1699-1701),住民の要求をいれて民主的な〈権利の憲章〉を制定する。晩年は植民地との関係に円滑を欠き,家庭的不幸も加わり不運であった。
執筆者:

ペン
Irving Penn
生没年:1917-

アメリカの写真家。ニュージャージー州プレーンフィールドに生まれる。ペンシルベニア工芸大学を卒業後,《ハーパーズ・バザー》や《ボーグ》のアート・ディレクターでR.アベドン,R.フランクなど数々の写真家を育てたA.ブロードビッチのもとでデザインを学び,1943年《ボーグ》誌のアート・ディレクターとなった。彼はそこですすめられて写真を撮り始める。ペンの写真は百数十回も《ボーグ》誌の表紙を飾っているが,これらのファッション写真は,クールで格調高いロマンティシズムに溢れたものである。またポートレートは優しいなかにも冷徹なまなざしがつらぬかれている。写真集《保存された瞬間Moment Preserved》(1961)は,彼の写真家としての仕事の全体を一望させるものである。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ペン」の意味・わかりやすい解説

ペン
Penn, Sean

[生]1960.8.17. カリフォルニア,サンタモニカ
アメリカ合衆国の映画俳優,監督。フルネーム Sean Justin Penn。芸能人の両親のもとに生まれる。ロサンゼルスのレパートリー・シアターで演技を学び,1981年にオフ・ブロードウェーの舞台や映画『タップス』Tapsに出演し,俳優としての道を歩み始めた。やがて活動分野を広げて『インディアン・ランナー』Indian Runner(1991)では脚本と監督を,『クロッシング・ガード』The Crossing Guard(1995)で監督を務めた。俳優としては『デッドマン・ウォーキング』Dead Man Walking(1995)で初めてアカデミー賞にノミネートされ,『シーズ・ソー・ラヴリー』She's So Lovely(1997)でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞。『ギター弾きの恋』Sweet and Lowdown(1999),『アイ・アム・サム』I Am Sam(2001)でもアカデミー賞候補に名を連ねた。2003年『21グラム』21 Gramsでベネチア国際映画祭男優賞を受賞。翌 2004年,『ミスティック・リバー』Mystic River(2003)で娘を殺され悲しみに打ちひしがれる父親を好演して,ついにアカデミー賞主演男優賞を手にした。2007年には再びメガホンをとり,『イントゥ・ザ・ワイルド』Into the Wildを世に出した。2008年,同性愛者であることを公にしながら公職についた初めてのアメリカ人,ハーベイ・ミルクの半生を描いた『ミルク』Milkで主役を熱演し,再びアカデミー賞主演男優賞に輝いた。その後『フェア・ゲーム』Fair Game(2010),『ツリー・オブ・ライフ』The Tree of Life(2011)で好演。映画を離れると政治活動家でもあり,特にイラク戦争に反対を表明したことで知られる。

ペン
Penn, Arthur

[生]1922.9.27. ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]2010.9.28. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の映画監督,舞台演出家。フルネーム Arthur Hiller Penn。アメリカ社会の暗部を批判的に描いた作品で知られた。アクターズ・スタジオで学んだのちテレビ界で研鑽を積み,1953年からドラマの脚本家および演出家として活躍する一方,舞台演出家としても定評があった。1958年『左ききの拳銃』The Left-Handed Gunで映画監督としてデビュー。商業的にも芸術的にも成功した『奇跡の人』The Miracle Worker(1962),『逃亡地帯』The Chase(1966)などの作品で注目された。1930年代の実在の男女を主人公に,青春の孤独,むなしさを従来のハリウッド映画にはみられないセックスや残酷シーンの大胆な挿入で描写した『俺たちに明日はない』Bonnie and Clyde(1967)でアメリカン・ニュー・シネマの代表的作家となり,アメリカ映画史に不滅の足跡を残した。『奇跡の人』,『俺たちに明日はない』,『アリスのレストラン』Alice's Restaurant(1969)でアカデミー賞監督賞にノミネートされた。ほかに,歴史を見直す西部劇『小さな巨人』Little Big Man(1970)など。兄は著名な写真家アービング・ペン

ペン
Penn, William

[生]1644.10.14. ロンドン
[没]1718.7.30. バッキンガムシャー
イギリスのクェーカー教徒,ペンシルバニア植民地の建設者。同名の父は,清教徒革命に議会派として従軍し,イギリス=オランダ戦争にも活躍した海軍軍人。 1660年オックスフォード大学に入学。父の領地管理のためおもむいたアイルランドでクェーカーの信仰に触れ,入信。 81年父の債権の代償として北アメリカに植民地建設の特許状を国王チャールズ2世から獲得し,自己の姓をとってペンシルバニアと名づけ,82年渡航。フィラデルフィアを建設しインディアンとの友好関係の樹立に留意し,植民地の発展に尽力。 84年3代ボルティモア (男)との境界紛争解決のため帰国。 99年再び植民地に帰り,議会の選挙権を拡大して民主化に努め,1701年帰国。植民地経営を託した部下に裏切られるなど,晩年は不遇であった。

ペン
Penn, Irving

[生]1917.6.16. ニュージャ-ジー,プレーンフィールド
[没]2009.10.7. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の写真家。初め画家を志したが,26歳のときファッション誌『ヴォーグ』の表紙を手がけ,ファッション写真家に転向した。古典的で典雅な劇的表現を得意とした。人物写真でも名をなし,簡素な背景のもと,北側からの自然光で撮影する洗練された作品で知られる。1950~51年にニューヨークやロンドン,パリの労働者を撮影した記念碑的な作品 "Small Trades"が有名。のちに,ファッション写真や人物写真の手法を用いた女性のヌードやたばこの吸い殻を題材にした作品を,プラチナプリントで制作した。写真集に"Moments Preserved"(1960),"Worlds in a Small Room"(1974),"Passage"(1991)など。

ペン
Penn, John

[生]1729.7.14. フィラデルフィア
[没]1795.2.9. フィラデルフィア
アメリカ,ペンシルバニア植民地総督 W.ペンの孫。同植民地にペン家がもつ領主権の4分の1を相続。 1754年のオールバニ会議に出席。 63~71,73~76年ペンシルバニア植民地副総督。同植民地とコネティカット,メリーランド,バージニアの境界線問題やインディアンと開拓民との関係調停に努め,独立後もフィラデルフィアにとどまった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「ペン」の意味・わかりやすい解説

ペン

米国の写真家。ニュージャージー州プレーンフィールド生れ。1934年―1938年,フィラデルフィア美術館工業美術大でブロドビッチに師事してデザインを学ぶ。1943年より《ボーグ》誌でデザインと写真のスタッフとなる。1946年より《ボーグ》誌等を発行する出版社であるコンデ・ナスト社の写真家として活動し,洗練されたセンスと高度な技術によるファッション写真を多数発表する。1952年以降は雑誌と並行してフリーの広告写真家としても活躍。ポートレート写真や静物写真でも優れた業績を残した。写真集に《とっておきの瞬間,写真と言葉に関する八つのエッセー》(1960年),《小さな部屋の中の世界》(1974年),《アービング・ペン》(1984年)などがある。

ペン

アメリカの映画監督,舞台演出家。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。第二次大戦従軍後,イタリアで地方劇団に加わり,1953年,帰国してTV界に入り,喜劇番組の演出で認められる。映画監督としては,1958年,《左ききの拳銃》(ポール・ニューマン主演)でデビュー。1959年,ブロードウェーでウイリアム・ギブソンの戯曲《奇跡の人》を演出,好評を博し,1962年,舞台と同じキャストで映画化,アン・バンクロフト(アカデミー賞主演女優賞),パティ・デユーク(アカデミー賞女優賞)にオスカーをもたらし映画監督としても成功した。1967年の《俺たちに明日はない》でニューアメリカンシネマの旗手と目された。その後,映画だけでなく舞台の演出もたびたび手がけた。

ペン

英国の開拓者。クエーカー教徒で,宗教的・政治的自由の地を求め,国王の特許状を得て北米植民地開拓に乗り出した。1682年渡米,フィラデルフィアを建設,信教の自由と人権の尊重を重んじる統治機構の確立を目標とし,インディアンと友好関係を保ちつつペンシルベニア(ペンの森の意)植民地の発展に努めた。
→関連項目フィラデルフィア

ペン

インキをつけて書く筆記具。penna(ラテン語。鳥の羽根)よりの語で,古くはガチョウなどの羽根の軸を削って使用。1830年ごろには,切れ目を入れ中央に穴をあけた鋼製ペン先が普及し,やがて金ペンの先にイリジウムをつけた万年筆用ペン先等が作られた。用途により製図用,事務用,日本字用,鉄道用など種類が多い。→ボールペン万年筆

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「ペン」の解説

ペン
William Penn

1644~1718

ペンシルヴェニア植民地の建設者,領主。クエーカーであった彼は宗教的迫害を受けている人々に信仰の自由を与える植民地の建設を志し,チャールズ2世に願い出てそれを実現した。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

367日誕生日大事典 「ペン」の解説

ペン

生年月日:1621年4月23日
イギリスの提督
1670年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「ペン」の解説

ペン

ウィリアム=ペン

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典 「ペン」の解説

ペン

スタイラス」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android