コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エゴ》 えご

世界大百科事典内の《エゴ》の言及

【エーガット】より

…H.アービング後の俳優をほとんど評価せず,しばしば独自の好みを強く出したので,一部読者の反発をかった。政治や社会問題には関心がなく,読書,演劇,名士などについての32年以降の日記は《エゴ》9巻(1935‐49)と題して出版された。【喜志 哲雄】。…

※「《エゴ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《エゴ》の関連キーワードジェイムズ・E. エーガットジャン・リュック ナンシーエモーショナル・アピールスウィート ヒアアフタークリム・サムギンの生涯シギゾウムシ(鴫象虫)論文日本の自殺の要旨ナディア サイダコワワーニャ伯父さんヒゲナガゾウムシI. ジョーシーフラニーとゾーイエゴサーフィン途上国環境問題エゴイスチックシャドー・ユー四星鷸象鼻虫杉原 善之介サイコドラマエゴサーチ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android