コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《影像》 えいぞう

世界大百科事典内の《影像》の言及

【ドビュッシー】より

…音色的契機を印象的契機と同一視してよければ,この様式を印象主義の名でよべるかもしれない。しかし彼の音楽では,自然(感覚)と想像力の協働が,しばしば類推によって楽想,旋律,和音を変容しつつ反復し,音像(影像)の連鎖・堆積として全体の持続を紡ぎあげてゆく。それは,音にイニシアティブをとらせながら,しかも現前する音響のかなたに想像的なものをよびさまして,〈心象の飛揚するときは“歌”成る〉(マラルメ)ような芸術であるという点で,印象主義よりも象徴主義に近い。…

※「《影像》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《影像》の関連キーワード叡・営・嬰・影・映・曳・栄・榮・永・泳・洩・營・盈・穎・翳・英・衛・衞・裔・詠・鋭增・憎・贈・像・増・憎・臓・臟・蔵・藏・象・贈・造・雑イティネラリウム・メンティス・イン・デウムサバティエ効果(写真)バイオテレメトリーコスチンスキー効果誕生寺(岡山県)有線電気通信法ヴィラード効果バシリアジスドビュッシー世紀児の告白シルエット線分の比喩尿道造影法膀胱造影法エイカシア大谷本廟影供歌合写真凸版

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android