コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あいの風 アイノカゼ

デジタル大辞泉の解説

あい‐の‐かぜ【あいの風】

日本海沿岸で、沖から吹く夏のそよ風。あいあゆ。あえのかぜ 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

あいの風【あいのかぜ】

夏の穏やかな北風をいい,日本海沿岸地方で広く用いられる言葉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

あいの風

春から夏にかけて吹く、北東から南東までの風。地域によって風向が異なる。福井から新潟までは東の風。あゆの風ともいう。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

あいのかぜ【あいの風】

春から夏にかけて、日本海沿岸で吹く、北ないし北東の穏やかな風。あい。あゆのかぜ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あいの風
あいのかぜ

夏、主として日本海の沿岸部で吹く、穏やかな海風の局地名。俳諧(はいかい)『道の枝折(しおり)』のなかに「あひの風、うら風也(なり)、朝はふかで昼より吹也、南国にしらぬ風也。」とある。沖から吹き寄せる風であるから、風向きは場所により北東から北西までさまざまである。沖から魚貝や海藻などの珍味を吹き寄せるので、宴に通じる「あえ」を語源とする説もある。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のあいの風の言及

【風】より

…〈たま風〉同様,悪風として恐怖感を伴う。これらの悪風に対し,夏から初秋に多い〈あい〉〈あいの風〉は,日本海沿岸に広く分布し,海から種々の珍しいものを打ち寄せてくれる好ましい風とされる。また北前船は,日本海北部海域からこの風に乗って上方方面へ航行した。…

※「あいの風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

あいの風の関連キーワードえちごトキめき鉄道[株]大島(富山県の旧町名)朝日(町)(富山県)大門(富山県)福岡(富山県)ディーゼルカー小矢部(市)小矢部[市]魚津(市)射水(市)入善(町)入善[町]倶利伽羅峠北陸新幹線黒部(市)高岡(市)朝日[町]黒部[市]射水[市]滑川[市]

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あいの風の関連情報