いろは坂(読み)いろはざか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栃木県日光市馬返 (うまがえし) と中禅寺湖畔とを結ぶ急坂 (国道 120号線) を 1954年大改修したもの。正式には日光道路と呼ぶ。道路全長 6448m,比高約 450mの間に 28のヘアピン状急カーブがあり,景色がよい。いろはの混雑緩和のため,65年馬返と明智平を結ぶ第2いろは坂が建設された。その全長 9432m。旧いろは坂は第1いろは坂として下り専用道路,新いろは坂は第2いろは坂と呼ばれて上り専用道路。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

△栃木県日光市▽にある観光道路。日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ。初期のいろは坂に、いろは48文字と同じ48個のカーブがあったことから命名。のちに第2いろは坂が建設され、現在は上り専用の第2いろは坂、下り専用の第1いろは坂のカーブの合計が48個となっている。「日本の道百選」(建設省)に選定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

栃木県日光市馬返うまがえしと中禅寺湖畔とを結ぶカーブの多い道路。上り・下りで四八のカーブがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栃木県日光市馬返(うまがえし)と、中禅寺(ちゅうぜんじ)湖畔の中宮祠(ちゅうぐうし)をつなぐカーブの多い道路。下り専用(道路延長6486メートル)の第一いろは坂と、登り専用(9468メートル)の第二いろは坂とがある。第一いろは坂の急カーブ28と第二いろは坂の比較的緩カーブ20の合計48に、「いろは……」48文字をなぞらえて、それぞれの文字の表示が立てられている。昭和初期に改修されて自動車の通行が可能となり、1954年(昭和29)に第一いろは坂が完成して有料道路となった。交通量の増加のための渋滞解消を目的に、1965年第二いろは坂が完成した。とくに第一いろは坂は大谷(だいや)川の峡谷から男体山(なんたいさん)東斜面を通り華厳滝(けごんのたき)の左岸を通り、中宮祠に続く雄大なパノラマコースである。両者は国道120号の一部で、正式には日光道路といわれる。1984年(昭和59)に無料化。[村上雅康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のいろは坂の言及

【日光】より

…また市街の北,赤薙(あかなぎ)山南麓の霧降(きりふり)高原はニッコウキスゲの群落や紅葉で知られ,板穴川にかかる霧降滝(落差75m)は,華厳滝,裏見滝とともに日光三名瀑に数えられる。 馬返~中宮祠(ちゆうぐうし)間の坂は道路のカーブが48あったことから,いろは48文字にちなんでいろは坂と名付けられた。1872年(明治5)に男体山の女人禁制が解かれるまでは,この坂が結界であった。…

※「いろは坂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

いろは坂の関連情報