コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女人堂 にょにんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女人堂
にょにんどう

女性の参詣を禁じた寺院で,特に女性のために特設した堂舎。寺院そのものとは離れた場所に設けられ,女性はここで修行などをする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にょにん‐どう〔‐ダウ〕【女人堂】

女人禁制の地で、女性が参籠(さんろう)して読経念仏をすることができるよう結界の外に設けられた堂。高野山のものが有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にょにんどう【女人堂】

女人禁制の山岳霊場では,山ろくの女人結界地付近の堂が,登山礼拝を許されない女性たちの参籠の場となり,女人堂とよばれたが,名称や信仰形態は一様ではない。越中立山のふもとでは死者をむかえるをまつる姥堂,吉野大峰山の旧女人結界地には役行者(えんのぎようじや)の母をまつる母公(ははこ)堂があって,ここまでは女性の参詣が認められていた。また大津市坂本の比叡山旧登山道の結界地の上に,最澄が母と会った故地という花摘(はなつみ)堂があり,旧暦4月8日にかぎって参詣が許され,女性たちが花を供えに登ったと伝える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にょにんどう【女人堂】

女人禁制の領域の外に建てられ、女性がこもって読誦や念仏などに励むための堂。高野山のものが有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の女人堂の言及

【高野詣】より

…この高野詣の功徳を説いて,諸国から参詣者を誘引したのは高野聖(ひじり)である。しかし一方高野山は山岳霊場として女人禁制であり,高野七口には女人堂があったため,石童丸説話のような哀話を生むことになった。高野聖の唱導では,高野山をひとたび踏むものはすべての罪とわざわいが消えるといったので,一般庶民も生涯一度の高野詣を果たそうとした。…

【立山】より

…芦峅系の立山曼荼羅に強調されている姥堂,閻魔堂,そこで行われた布橋灌頂(ぬのはしかんぢよう)の行事は特筆されるべきものである。明治期の神仏分離まで,姥堂には本尊としての姥三尊のほか,全国六十六州を模して66体の姥像が安置され,姥堂は姥石,美女杉,禿(かむろ)杉などといった女人禁制の習俗を示す伝説とは対照的に,女人堂の性格を有し,血の池地獄と対応させながら女人救済信仰が説かれてきた。また布橋灌頂は擬死再生,死後の極楽往生を約束する儀礼で,秋の彼岸の中日に閻魔堂と姥堂との間の姥堂谷(御姥ヶ谷)に架けられた橋(布橋,天の浮橋)に白布を敷いて行われ,その白布は行事の後に経帷子(きようかたびら)にして信者に頒布されてきた。…

【女人禁制】より

…こうした考え方はとくに聖浄を重んじ苦行を旨とする山岳修行者に受け入れられ,修験道の隆盛や山岳信仰の発展とともに広く普及したのである。修行の霊場とされる各地の山岳では,女人堂(によにんどう)が設置され,それより奥への女人の立入りを禁止してきた。このことは大峰の都藍尼(とらんに),白山の融の姥(とおるのうば),立山の止宇呂(とうろ)に代表されるように,禁制を犯して立ち入ろうとした女性が石と化した伝説(老女化石譚)を生みだし,また高野山の石童丸(いしどうまる)の伝説はよく知られたものとなっている。…

※「女人堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

女人堂の関連キーワード高野山(寺院)高野[町]心中万年草高野七口手なし娘女人禁制林 悌三醍醐寺読誦後山領域

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女人堂の関連情報