コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おはけ オハケ

百科事典マイペディアの解説

おはけ

白幣,八界,八境,祓禊などと記す。秋田,茨城,四国・中国の各県と大分に分布する。氏神をまつる場合の神霊依代(よりしろ)とされるもので,笹竹(ささだけ)の先端に御幣をつけて,多くは頭屋(とうや)の庭先戸口に立てる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おはけ

氏神の祭礼を迎えるにあたり、神主や頭屋とうやの家の前に立てる神霊の依り代しろの一種。青竹の先に御幣や神符を付けたものが一般的。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

おはけの関連キーワード依り代祭礼神主

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android