おはけ(読み)オハケ

大辞林 第三版の解説

氏神の祭礼を迎えるにあたり、神主や頭屋とうやの家の前に立てる神霊の依り代しろの一種。青竹の先に御幣や神符を付けたものが一般的。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 祭日の折、当屋(とうや)の家の前に、清浄であることの印として立てる標識。当屋が神宿であることの標示物で、ふつうの形は、青竹の先に御幣や神符をつけ、土壇を設ける場合もある。
※幸若・ほり川(室町末‐近世初)「よろひいれたるながもちに、をはけたてしめひかせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android