コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きだみのる きだみのる

2件 の用語解説(きだみのるの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

きだみのる
きだみのる

[生]1895.1.11. 鹿児島,名瀬
[没]1975.7.25. 武蔵野
小説家。本名,山田吉彦慶應義塾大学理財科中退,文学部にも学んだ。第2次世界大戦後,疎開地での混乱現象を風刺した『気違い部落周游紀行』 (1946) で一躍有名になり,『部落の幸福論』 (58) ,『東京きちがい部落』 (60) などの作品で文明批評を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きだ‐みのる

[1895~1975]小説家。鹿児島の生まれ。本名、山田吉彦。パリ大学で古代社会学を学び、独自の文明批評を展開した。著「気違い部落周游紀行」「道徳を否む者」、共訳に「昆虫記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きだみのるの関連キーワード鹿児島県奄美市名瀬朝戸鹿児島県奄美市名瀬朝仁鹿児島県奄美市名瀬有屋鹿児島県奄美市名瀬有良鹿児島県奄美市名瀬小宿鹿児島県奄美市名瀬小湊鹿児島県奄美市名瀬崎原鹿児島県奄美市名瀬知名瀬鹿児島県奄美市名瀬名瀬勝鹿児島県奄美市名瀬港町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

きだみのるの関連情報