コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぎょしゃ座 ぎょしゃざ Auriga

翻訳|Auriga

2件 の用語解説(ぎょしゃ座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ぎょしゃ座
ぎょしゃざ
Auriga

馭者座。概略位置は赤経6時,赤緯 42°。2月中旬の宵に南中する北天の星座。5角形の星座として知られる。α星カペラ実視等級 0.05等,全天で6番目に明るい。β星メニカリナンは実視等級 2.1等,周期 3.96日の食変光星 (→食連星 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぎょしゃ座
ぎょしゃざ / 馭者座

冬の宵、ほとんど頭上に見える星座。おうし座の角(つの)の先端β(ベータ)星から北へ連なる将棋の駒(こま)のような五角形をした星座で、その一角に黄色みを帯びた1等星カペラが輝いている。プトレマイオスの48星座(トレミー星座)の一つで、古くからこの五角形は山羊(やぎ)または羊を抱く老人の姿とみられていた。ギリシア神話では、足が不自由であったため四輪馬車を発明したアテネ王エリクトニウスの姿とされている。1等星カペラの名の意味は「小さな雌やぎ」で、1等星としてはもっとも北よりにある。このため北海道北端のあたりでは一年中沈まない周極星として見えている。ぎょしゃ座は冬の天の川の流れの中にあるため、散開星団などの興味深い天体が数多く、とくに双眼鏡でも見えるM36、M37、M38の三つの散開星団がすばらしい。[藤井 旭]
『藤井旭著『冬の星座』(1988・金の星社) ▽林完次・渡部潤一著『星の地図館――STAR ATLAS21』(1999・小学館) ▽藤井旭著『全天星座百科』(2001・河出書房新社) ▽藤井旭著『星座大全――冬の星座』(2003・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎょしゃ座の関連キーワードコップ座コンパス座がか座(画架座)けんびきょう座(顕微鏡座)こじし座(小獅子座)とびうお座(飛魚座)はい座(蠅座)ふうちょう座(風鳥座)や座(矢座)ろ座(炉座)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぎょしゃ座の関連情報