さっし

精選版 日本国語大辞典「さっし」の解説

さっし

[1] (助動詞さっしゃる」の命令形「さっゃれ」の転じた「さっせえ」の変化したもの) =さっせえ(一)
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)二番目「見さっし。大風の吹いた跡のやうだ」
[2] (動詞「さっしゃる」の命令形「さっしゃれ」の転じた「さっせえ」の変化したもの) =さっせえ(二)
稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初「へへへへ、かんにさっし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「さっし」の解説

さっし

《助動詞「さっしゃる」の命令形「さっしゃれ」が「さっしゃい」「さっせえ」「さっし」と音変化したもの》助動詞「さっせえ」に同じ。
ええ加減にしさっしな」〈滑・浮世床・初〉

さっし

《動詞「さっしゃる」の命令形「さっしゃれ」が「さっしゃい」「さっせえ」「さっし」と音変化したもの》動詞「さっせえ」に同じ。
「堀の内様を信心―」〈滑・浮世風呂・前〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android