コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しんと シント

デジタル大辞泉の解説

しん‐と

[副](スル)
物音一つしないさま。静まりかえっているさま。「教室が水を打ったようにしんとなる」
寒さ・音などが深く身にしみとおるさま。
「土間へ入ると、―寒くて」〈康成雪国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんと

( 副 ) スル
静まりかえって物音のしないさま。しいんと。 「場内は-して咳一つ聞こえない」
寒さや音などが身にしみとおるさま。 「夜も更けて-寒くなつたが/婦系図 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しんとの関連キーワード広島県広島市西区水を打ったよう行行子・仰仰子神明恵和合取組山王一実神道安井息軒旧宅土蜘蛛(能)九州新幹線三弦・三絃日南(市)中村又五郎延命院事件大谷竹次郎神荼・鬱塁神道十三派寝静まる外宮神道垂加神道江戸三座唯一神道

しんとの関連情報