しめやか(読み)シメヤカ

デジタル大辞泉の解説

しめ‐やか

[形動][文][ナリ]
ひっそりと静かなさま。心静かに落ち着いているさま。「しめやかに語り合う」
気分が沈んでもの悲しげなさま。しんみりとしたさま。「通夜がしめやかに行われる」
女性の容姿・態度がしとやかなさま。
「いとこめかしう―に、美しきさまし給へり」〈・少女〉
[派生]しめやかさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しめやか

( 形動 ) [文] ナリ 
〔動詞「しみる(浸)」と同源〕
ひっそりとしてもの静かなさま。 「 -に雨が降る」
気分が沈んで悲しげなさま。 「 -に葬儀が執り行われた」
しんみりしたさま。しみじみとしたさま。 「 -なる御物語のついでに/源氏 薄雲
(女性の容姿などが)しとやかなさま。 「いと、こめかしう、-に美しきさまし給へり/源氏 乙女
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しめやかの関連情報