すててこ(読み)ステテコ

デジタル大辞泉の解説

すててこ

《すててこ踊りを演じた初世三遊亭円遊がはいたところからいう》男性用の下着の一。ひざのあたりまであるズボン下。 夏》
すててこ踊り」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すててこ

パッチまたは股引(ももひき)の変型で男子用下ばきの一種。膝下までの長さでゆるみが多く胴を紐で締める。夏のズボン下として用いられ,家庭内のくつろぎ着としても好まれていたが,しだいにすたれてきた。現在では胴まわりにゴム紐を用いたロング・パンツが一般的。すててこの名の起りは,1880年ころ,寄席芸人三遊亭円遊が長くて太いパッチを出して踊った〈すててこ踊〉からといわれている。【南本 珠己】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すててこ

ズボン下の一種。さるまたより長く、膝ひざの下あたりまであるもの。
「すててこ踊り」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

すててこ
すててこ

男子用下着の一種。ゆるみの多いズボン形式で、丈は膝(ひざ)の下まで、上部は紐(ひも)またはゴム紐を用い、前股上(またがみ)があき、ボタン掛けになっている。布地はキャラコ、綿クレープ、レーヨンなどの白無地でつくられる。夏季用ズボン下に用いられ、汗をかいても足にくっついたり、まつわりついたりすることがなく歩きやすい。家庭内でのくつろぎ着とすることもある。近年はズボンの線がくずれるといい、使用されることが少なくなっている。[藤本やす]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すててこ

[1] 〘感動〙 宴席などで座興に踊るこっけいな踊りの調子をとるはやしことば。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「アすててこすててこすててこてんてこてんとんとん」
[2] 〘名〙
※歌舞伎・浪底親睦会(1881)「一杯機嫌に浮れたち、〈略〉長い流行のへらへらに、すててこどこどこ馬鹿囃子」
② 男子用の下着の一種。ひざの下まであるズボンの下ばき。すててこ踊りを始めた三遊亭円遊がはいたところからいう。《季・夏》 〔明治世相百話(1936)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すててこの関連情報