コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずに ズニ

デジタル大辞泉の解説

ず‐に

[連語]《打消しの助動詞「ず」の連用形+助詞「に」》…(し)ないで。「失敗を気にせずに仕事をしなさい」
「是は早々から、髪も結は―、どこへ」〈浄・堀川波鼓

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずに

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に助詞「に」の付いたもの〕
打ち消しの意の中止法または連用修飾語として用いられる。…ないで。 「どこにも行か-家にいた」 「苦しみも知ら-過ごす」 「我もうらなくうち語りて慰め聞えてむものを、思は-のみ取りない給ふ/源氏 紅葉賀」 「鳥居立ててのなんのとて金のいることいとは-、神仏への約束も、今では違へる身となりはて/浄瑠璃・淀鯉 」 〔中古以降の散文に用いられる。古くは打ち消しの意の連用修飾語として用い、特に「思はずに」の言い方が多く用いられた〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ずにの関連キーワード取り込み詐欺・取込み詐欺タッチタイピングスペルアウト性懲りも無くノントロッポこっくり往生無期労働契約急がず休まず事なきを得る節を曲げる連用修飾語時を移さずそれとなく別途積立金無条件降伏徒手体操戦い抜く手巻き鮨卓上電話ダマテン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずにの関連情報