コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちくり チクリ

デジタル大辞泉の解説

ちくり

[副]
針のように先のとがったもので刺すさま。また、そのような痛みを感じるさま。「蜂がちくりと刺す」「首筋がちくりとする」
人の心を刺激するような物言いをするさま。「ちくりといやみを言う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちくり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
針など先のとがったもので皮膚を刺すさま。また、そのような痛みを感じるさま。 「蜂に-と刺された」 「胸が-とする」
効果的な短い言葉で人を刺激するさま。 「 -と皮肉を言う」
程度がわずかなさま。 「月は-と萩に移ろふ/犬子集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちくりの関連キーワード猛虎の猶予するは蠆蜂の螫を致すに如かず広島県東広島市河内町入野大阪府大阪市西区本田高知県高知市五台山奈良県生駒市有里町ラージャグリハ坊さんかんざし河内(広島県)石戸藤左衛門ちんちくりんへんてこりんちくりちくりつんつるてんよさこい節五台山公園変ぽうらい上原真佐喜妙ちきりん変ちくりん河内〈町〉

ちくりの関連情報