ちくり(読み)チクリ

デジタル大辞泉の解説

ちくり

[副]
針のように先のとがったもので刺すさま。また、そのような痛みを感じるさま。「蜂がちくりと刺す」「首筋がちくりとする」
人の心を刺激するような物言いをするさま。「ちくりといやみを言う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちくり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
針など先のとがったもので皮膚を刺すさま。また、そのような痛みを感じるさま。 「蜂に-と刺された」 「胸が-とする」
効果的な短い言葉で人を刺激するさま。 「 -と皮肉を言う」
程度がわずかなさま。 「月は-と萩に移ろふ/犬子集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちくりの関連情報